JAXA こうのとり4号機打ち上げ成功


国際宇宙ステーションに物資を運ぶ「こうのとり」

8/4 午前4時48分 種子島宇宙センターから打ち上げられた

H2Bロケット4号は予定通り起動に投入されました

2009年の初飛行から連続4回の成功です

space_rocket

ISSに到着、ドッキング

9日、よるに地上約400キロをまわるISS(国際宇宙ステーション)に到着し

ロボットアームで捕まえてドッキングします

 

物資ってどんなものを運んでいるの?

飛行士の生活物資

日本の実験棟「きぼう」にとりつける冷蔵庫

また、不要になった大型機器を載せて、大気圏で機体ごと燃やすんです

これ、新たな「廃棄法」なのです

機体ごと燃やすって剛気!だけど、勿体無い気も・・

大気圏突入技術は?

地上に期間できるようになると、日本独自の有人宇宙飛行につながると期待されています

打ち上げ費用ってどれくらいかかるの?

三菱重工業とJAXAによると、なんと約140億円!

 

宇宙ステーションって何をしているの?

ISSは、2009年から6名の宇宙飛行士が常時滞在しています

長期滞在のために、宇宙飛行士の食料 実験装置などを補給する輸送業務が不可欠です

今までは、アメリカのスペースシャトルやロシアのソユーズやプログレスが輸送を受け持っていました

日本の「こうのとり」も補給を担っています

「こうのとり」ってなにをする宇宙船?

H2Bロケットで打つ挙げられる無人宇宙船

食料・衣類・実験装置など最大積載6トンの補給物資を積んで

地上400キロの国際宇宙ステーションに送り届けます

補給が済むと、用済みな実験機器や衣類などを積んで

大気圏に再突入して燃やしてしまいます

宇宙船ごと燃やすって、なんか勿体無いですね

「こうのとり」ってどんな大きさの宇宙船?

直径約4メートル

全長約10メートル

観光バスが入るくらいの大きさです

機体はおおまかに3つの部分から成る構成です

  • 最後部:軌道変換用メインエンジン
  • 姿勢制御用スラスタ、推進薬を供給する燃料、酸化剤タンク
  • 高圧気畜器などが搭載される推進モジュール
  • 中程:誘導制御系・電力供給系・通信データ処理系の電子機器の電気モジュール
  • 先頭:補給物資を格納する補給キャリア

rocket-79468_1920

連続4回の成功

H2Bロケットは連続4回の成功、H2Aロケットとあわせると20回連続成功を成し遂げています

日本人の技術力の高さが、伺えますよね

出典:沖縄から撮影したH2Bロケット4号機(こうのとり4号機)打ち上げの連続写真

あまりの美しさとBGMの素晴らしさにうっとりです

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す