平成26年度の春の交通安全週間が

 

4月6日(日)から15日(火)までの10日間

交通事故死ゼロを目指す日は、4月10日(木)

 

 

お年寄りや子供を護る運転

シートベルトやチャイルドシートの徹底が計られるようです。

飲酒運転根絶を目指して、厳しく取り締まるようです。

images (22)

 

 

ちょっとくらいな飲酒で、取り返しのつかない事になるのは

分かっているのに、自分は大丈夫なんて過信は禁物!

 

 

飲酒運転には厳しい行政処分と厳罰

 

酒酔い運転と酒気帯び運転の違い

 

酒酔い運転とは

アルコールの影響により正常な運転が出来ない状態の事を言います。

 

行政処分

35点減点で一発で免許取り消しになります。

欠格期間は3年です。

 

酒気帯び運転とは

 

呼気中アルコール濃度が、0.15mg/l以上0.25mg/l未満

減点13点、免停90日です。

 

呼気中アルコール濃度0.25mg/l以上

25点減点 免許取り消しで欠格期間2年です。

images (23)罰則的には

車両を運転してものは勿論

酔っているのが分かっていて同乗したものにも

罰則があるんです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

行政処分は

クルマを運転した者

 

酒酔い運転の場合

5年以下の懲役 あるいは100万円以下の罰金

 

酒気帯び運転をした者

3年以下の懲役 あるいは50万円以下の罰金

 

酔っている者にクルマを提供した者も罰則対象です

 

運転している人は酒酔い運転した場合

5年以下の懲役 または100万円以下の罰金

 

運転者が酒気帯び運転した場合

3年以下の懲役 または50万円以下の罰金

 

お酒を提供した者や飲酒をすすめた者、そのクルマに同乗したものが

 

運転者が酒酔い運転した場合

3年以下の懲役 あるいは50万円以下の罰金

 

運転者が酒気帯び運転した場合

2年以下の懲役 あるいは30万円以下の罰金

 

罰金って分割出来るのかな?

 

罰金なので、一括払いは原則できません。

どうしても払えない場合は

労務所に贈られて一日、5000円の労役をする事になります。

 

 

 

悲惨な交通事故根絶のためには

交通ルールの徹底と交通マナーの向上めざしていきましょうね

 

 



ニュースで騒がれているビットコイン

それ、お金なの?位な知識しか持ち合わせていなかったので

無駄に調べてみましたよ。

000-top

 

gigazine.net

簡単にいうと仮想通貨

沢山の端末間で通信を行う際に、低コストでやりとりができるんです。

ネット利用が激増して、ネット決済がほとんどですよね。

 

そのネット決済ツールとして

仮想通貨ビットコインが注目されていたんです。

 

円やドルでも両替可能な電子マネー

問題になっているのは、サイバー攻撃にあって

約400億円もの被害が出たということ!

 

取引停止状態に陥っている「マウント・ゴックス」のような取引所が

両替手続きをしてくれるんです。

 

ビットコインの利点とは?

  • 管理者というものがいない
  • 銀行のように送金を仲介する組織がない。
  • 専用ソフトを使い、ネット上で直接、相手に送金する
  • そのため手数料が安い
  • 送金手続きに時間がかからない

などの利点があるんです。

 

ピアツーピア(P2P)

(接続されたコンピューターが専用のサーバーを介さないで

直接コミュニケーションがとれるネットワーク形態)で取引でき

獲得したビットコインはデジタルウォレットに貯蓄することができます。

スポンサードリンク


 

 

ただし、通常取引されるドルや円といった通貨と違って

政府や中央銀行、現物資産などの裏付けがない。

手軽な反面、裏付けなどの保証はないんですね。

2014y03m04d_120920830

 

ビットコインの相場ってどうなの?

2013年頃までは、13ドルでしたが

春先の小バブルを経て、最高最高値1124ドル76セントを記録するなど、

乱高下を繰り返しています!

 2014y03m04d_121244085

なぜ、そんなにビットコインが注目されているの?

 

昨年3月のキプロスの経済危機がありました。

電子マネーは、国境を超えて利用できるという手軽さから

利用は一気に拡大されたんです

 

 

監視体制がないなど、問題点もあるビットコイン

 

マネーロンダリング(資金洗浄)

犯罪などによって得た収益金の出処を隠して

一般の市場でそのお金を使っても身元がばれない行為です。

 

ビットコインはそのマネーロンダリングで犯罪目的にも利用されていると

FBIは睨んでいて摘発もしています。

 

ビットコインの危険性とは?

 ビットコインは送信するときに、時間がかかる点に

サイバー攻撃(不正送金データ)を仕掛けられて

どれが正しい送金データかわからなくなってしまったのが今回のニュースです。