迎え火とは

迎え火(むかえび)とは、

客人や神霊をむかえるために焚く火のことです

 

家の玄関などで素焼きのほうろくに

オガラといわれる皮を剥いだ麻の茎を折って積み重ねます

 

火を着けて燃やします

その場で合掌

 

これが迎え火と言って、オガラを燃やした煙に乗ってご先祖様や

精霊が家に戻ってくるのを迎えるのです

 

お盆の時の先祖の霊を

迎え入れるためにたく野火のことをいいます

 

迎え火はいつするの

1日から7日にやる地方もありますが

一般的には、7月13日または8月13日の夕刻に行います

 

年中行事として定着したのは江戸時代と言われています

迎え火の変形として「盆提灯」があります

 

ご先祖様が滞在しているしるしと言われています

竿燈や五山送り火のように進化したり

送り火に変化したりしたものもあります

 

精霊馬(しょうりょううま)

きゅうりとナスに割り箸をさしたものみたことありませんか?

obon-4

馬と牛に見立てたものです

きゅうりは馬の例え

お盆の時に少しでも早く迎えられるようにとの願いを

 

ナスは牛の例え

お盆が終わって帰るときはすこしでもゆっくりと

 

そんな願いがこめられています

 

お盆とは

日本古来からのご先祖様を迎え入れる儀礼です

それが現在のお盆行事担ったと言われています

 

お盆はいつ?

お盆の時期は地方によって異なります

・7月13日から4日間
・8月13日から4日間

 

迎え火と送り火

盆の入り 13日に迎え火で霊を家に迎え入れます

 

迎え火としてオガラと門口で焚きます

 

14~15日 盆提灯に火を灯します

お盆期間中は家族でお墓参りしたいものです

新盆には僧侶を呼んでの法要は、14日 あるいは15日に行われています

 

実際火を焚くことができない家庭では、盆提灯で明かりを灯すことで

迎え火・送り火とすることもあります

 この期間は、お灯明を絶やさないようにします

BONTYOUTIN

 16日 送り火で祖先をあの世に見送ります

 

京都の夜、五山送り火で大文字は有名です

お盆の送り火の代表的なものですね

DAIMONJI

実際火を焚くことができない家庭では、

盆提灯で明かりを灯すことで

迎え火・送り火とすることもあります

 

まとめ

お盆は家族揃って、祖先の霊を迎え入れることを伝承していきたいものですね

 

 



夏の思い出に花火を見に行ったら、写真にとって残したいもの

一眼レフで三脚あったりしたら、キレイな写真は撮れるとおもうけれど
もっと気軽に「キレイにとれた!」ってことできないでしょうか?

hanabi_animal

デジカメでキレイに花火を撮る方法

カメラの設定を変えてみましょう

 

撮影メニューを開いて、「モード」を

「オート(A)]→「マニュアル(M)]にします
マニュアルにすると、細かい設定ができます

 

設定を調節します

  • 花火モード
  • 好感度設定
  • 手ぶれ補正

これらを「ON」にします
ない場合は、スルー

 

解像度をあげます

1600×1200位上にしておくと良いです

フラッシュは「OFF]です

というか、フラッシュは禁物です
ISO感度を最低値にします

 

シャッタースピードを遅くします

(出来れば46秒以上)

 

露出の値を調整します

花火を遠くから撮影する場合 F4

近くから撮影する場合    F8

hanabi

マニュアルモードのない携帯カメラの場合

夜景モード、景色モードのしておくのがよいです
フォーカスは「無限遠」に設定

遠景(山のアイコン)があれば、それを設定します

 

撮影場所に適するところってあるの?

もちろん風上です

風下ですと、煙だらけになってしまいますから

 

スポンサード リンク


花火を撮影するタイミング

ここが難しいところですが、花火が開いてから撮っていては遅いです

花火が開く少し前からシャッターをきるのがベター

ひゅるひゅる~と上がる時からシャッターを押しましょう

fireworks-74678_1920
シャッター速度を遅めに設定しているので、

その分シャッターを切るのに時間がかかることを考慮しましょう
三脚があれば手振れしませんが、花火を楽しむのに持って行ったら「邪魔」っぽいし

ですので、シャッターを切っている間、手を動かさないようにする工夫が必要ですね

脇を閉めて動かないのが鉄則です

 

ズームインするほうがいいのかどうか

ついついズームインして花火を写しですが、これブレブレになってしまいます
おもいっきりズームアウトして夜景を入れて花火を撮るとキレイに仕上がります
地上の建物なとの組み合わせで、花火を引き立てる役目してくれるんです

 

花火大会のプログラム

なんといっても、花火大会のプログラムは入手したいところ

単発花火・連続花火などなど大会全体の流れがわかるので撮影するのに便利です

一番必須なのは、場所取り

撮影ポジションがいいところを確保できるか
重要なステップです

hanabi_girl

狙いはフィナーレの暴れ撃ちな花火を撮ると、迫力あって花火の写真!みたいにとれますよ

今年の夏も、思い出に花火大会の写真 キレイにとってくださいね

 

 

 



一発逆転! あるいは一攫千金をねらう

高額当選の夢をみるのに、ガツンと宝くじをかいますよね

もう購入している方は、当たったら・・・が頭をグルグルまわっていますか?

ball-165958_1920

サマージャンボ2113 第645回の発売日と抽選日を確認

 

2013年 7月10日(水曜日)から全国一斉発売です

 

スポンサード リンク


 

2013年 サマージャンボのポイント

ユニットは26ユニット

1等 4億円が3億円に減額されましたが 前後賞 5千万円が1億円に増額

一等前後賞合わせて5億円となります

approval-15914_1280

 

5億当たったらの妄想で、ガッツポーズの練習とか!

 

四等が1万円が10万円に増額されています

抽選日 8月 13日(火)

当日の模様は、NHK総合テレビで中継される予定です

抽選会場 NHK大阪ホール

 

 

当たりやすい宝くじってあるの?

 

宝くじ売り場でできる「ツウな買い方」があるんです

 

有名な宝くじ売り場で買ってきてもらうのは?

一般的な宝くじの当選確率は 約1000万分の1と言われています

 

雷に直撃されるのと同じような確率です

 

当たりやすい買い方のコツや攻略方法ゲット

 

通常、「バラ」か「連番」でしか買えません

ですが、宝くじ売り場では裏ワザという買い方もあります

知る人ぞ知る買い方かもしれませんね

 

 

「タテバラ」

「タテバラ○○枚ください」

同じ組みで、前後3つの番号が連続しているくじを買うことができます

セットごとに数字が連続してますのでバラでも前後賞も狙えます

 

一番人気の買い方は前後賞を狙うために、

30枚単位で買われる場合が多いです

 

大型店舗でしか取り扱ってないところもあるようです

 

例えば・・・

タテバラ100枚=30枚セット+30枚セット+40枚セット=100枚

これが、よく売れている100枚買いのパターンです

 

※グループ買いでの購入や女性同士の仲間買いが多数占めているのがタテバラの買い方

女性の高額当選者も多いようです

 

30枚以上買う場合には、是非一 度、試して頂きたい購入方法です♪

 

「ぶっ通し」

ぶっ通しで○○枚くださいというと

枚数分、連続番号で買うことができます

 

100枚、ぶっ通しで買うと 下二桁が 00~99まで揃います

 

 

 

宝くじ売り場で、高額当選がよくでる売り場で買うのも

げんを担ぐ意味で、、運のいい売り場で狙うのもひとつの手ではあるでしょう