秋晴れの抜けるような青空!

と、思いきや朝からこんなに飛行機雲?

20130909_091359

 

しかも飛行機雲にしては、なかなか消えないし。

20130909_091041

 

ご存知でしょうか?

この雲の正体

陰謀論では超有名な

 

ケムトレイル

 

ケミカル・トレイルと言われています。

誰が、何のために何を散布しているのでしょうか?

色んなことが囁かれています。

 

この手の話の証拠は?

と、言われても 証拠が出たとたんに消されてしまうので

確証に至らないのです。

 

ですが、あなたの街でも見上げてみたら

20130909_091049

 

いつまでも消えずに残っている飛行機雲のようなもの

見つけることが出来ると思います。

 

超微粒子の化学物質を撒いていると言われています。

航空機が化学物質を空中散布しているようです。

 

飛行機雲は、水蒸気のため長い尾を引くこともないし

すぐに消えてしまいます。

aircraft-59663_640

飛行機の姿も見えずに、長い雲がずっと残っている場合

それはケムトレイルと考えてよいでしょう。

 

 

ケムトレイルで撒かれている微粒子は

アルミニウム、ケイ酸バリウムが検出されたと報告されています。

 

こういう微粒子が大気中に撒かれていて

私たちはそれを知らずに吸っているということです。

 

因みに・・・

バリウムは、X線の造影剤として知られていますが

呼吸器系や循環器系や皮膚、眼などへの障害を誘発する劇薬です。

 

アルミニウムは、脳神経系に障害を起こすことら知られています。

 

誰が、何の為にそんなことをするのか

人体実験などとも言われていますが

高度一万メートルの上空から散布して

果たして身体に害は現れるのか?

 

謎はつきないけれど、新しい情報が出たらまたお伝えいたします。