虫垂炎(ちゅうすいえん)の原因と症状とは



急に右の下っ端らが痛くなった!盲腸?

そんな思いしたことありませんか?

virus_fukutsuu

でも、急に痛くなったという症状は100%、

虫垂炎ではないのだそうです。

 

虫垂炎は、炎症なので数時間から数日かかるので

痛みの前にいろんな症状がでてくるもの。

 

痛みの前に出る症状として

  • 風邪っぽい
  • みぞおちあたりがモヤモヤしたり痛んだりする
  • お腹が張る
  • 吐き気がする
  • 食欲がない
  • 微熱状態(子供の場合 38~39度になることもあります)

これらの症状が発症したら注意です。

 

スポンサード リンク


 

虫垂炎とは?

一般には「盲腸」といわれるこの病気。

体内にある虫垂がなんらかの原因で炎症が起きる症状です・

2013y09m19d_093242029

 

出典:kotobank.jp

虫垂炎の症状とは!
  • 上腹部、右下腹部の激痛
  • 発熱することもあります

痛みは急激に襲ってきます。

 

虫垂炎の原因とは

炎症が原因であるので

大腸菌や連鎖球菌などの菌類が悪さを起こし

虫垂で炎症が発症すると言われています。

炎症が発症すると、症状が出てきます。

koli-bacteria-123081_1280

 

 

虫垂炎の炎症とは?

盲腸の先端にある直径1cm以下

ながわ6~8cmの細い管状のもの。

この内部が炎症を起こしたものが虫垂炎です。

 

10代~20代に多い疾患です。

それより若い世代でも発症するし、

高齢者でも発症することがあります。

 

特に6歳以下の場合

診断が遅れると、50%の患者さんが「穿孔性虫垂炎」になってしまいます。

 

乳幼児は「虫垂突起」の壁が薄いため

炎症が起こると進行が早く、腹膜炎になります。

akachan_cry

どんな激痛に襲われるの?
  • おへその周りに急激な激痛が走ります。
  • 「さしこみ」といわれる鋭い痛み(疝痛 せんつう)が起きます。
  • 虫垂の炎症がひどくなると、右下に痛みが移動します。
  • 炎症が虫垂に接する腹膜に達すると、その部分が集中して痛みます。
  • おへそから右の腰骨までの外がわ1/3の部位に相当します。

 

腹膜炎に進行することもあります

虫垂の炎症が強くなって破裂した場合!

痛みは一時的に消えてしまうことがあります。

しかし、腹膜炎を併発すると

万力で締め付けられるような強い痛みが出てきます。

お腹は固くこわばって、抑えると強烈に痛みます。

 

虫垂炎の治療方法とは?

 

基本は虫垂切開手術です。

doctor-79603_1280

今までは、右下腹部を数センチにわたって、切開手術が行われてきました。

最近は、腹腔鏡で手術が可能になりました。

腹腔の手術は、傷が極めて小さく

退院までの日数も短縮できます。

 

強い腹膜炎でなければ、手術後24時間経過して、ガスが出れば

食事もOK.。

数日間は点滴と抗生剤投与は必要です。

 

抗生剤内服の場合

薬で散らすといわれている方法です。

発症後、間のない場合は抗生剤の内服で炎症を押させることが可能です。

ですが、この方法は、再発の可能性が残るのです。

もし、穿孔が起こった場合

お腹を大きく切開する必要があるのと、治療も長期に及んでしまいます。

 

まとめ

虫垂炎かなあとおもったときは?

先ずは外科医に相談です。

kenkoushindan_monshin

  • 右下腹部の痛み
  • 歩くとガンガン響くような痛み
  • お腹をかかえ込むような痛み
  • 発熱

これらの症状が揃ったら、虫垂炎の可能性大です。

 

ほっておいて、穿孔が起こると「腹膜炎」になり

さらに治療に時間がかかってしまうことになります。

 

子供の場合は小児外科専門の受診を受けます

早めに外科医の受診が必要です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す