脳梗塞の前兆と症状とは?



脳梗塞は日本における3大死因の一つです。

日本ではなんと、約140万人の脳梗塞患者がいるといわれています。

virus_zutsuu

 

しかも、年間8万人の方が脳梗塞でなくなっています。

また、後遺症で日常の生活を送れなくなることもあります。

 

スポンサード リンク


 

脳梗塞は、中高年に多い病気と思われがちでしたが

不規則な生活、偏った食事、運動不足などから

若年者にも増えてきているのです。

 

脳梗塞とは

脳の動脈の内腔(ないくう)が途中で詰まって

その先へ血液が流れなくなる病気です。

head-35008_640

その動脈から血液の供給を受けている脳が

酸素不足に陥って壊死(えし)していまいます。

 

人によって、起こり方は様々。

意識を失ったり、体が動かなくなったり

障害を受けた部分によって異なってきます。

 

脳梗塞は、処置が遅れると死に至る病気です。

逆に処置が早ければ助かるケースもあります。

alone-62253_1920

脳梗塞の前兆とは
  • 顔や手足が麻痺し、片側しか動かせなくなる
  • ろれつが回らなくなり、上手く喋れない
  • よだれを垂らしてしまう
  • 立ちくらみ、めまいが起こる
  • 目の焦点があわなくなる
  • よくつまづく
  • 片方の手足がしびれる
  • 顔半分が麻痺する
  • 言葉が出ない
  • ふらふらして歩けない
  • 視野が半分欠ける
  • 片方の目が見えない
  • 相手のいうことが理解できない
  • 思うように字が書けない

上記の症状が起こって、回復したとしても

脳梗塞の前兆にはかわりありません!

 

脳梗塞は早期発見・早期治療が大原則です。

このような症状が現れたら、迷わず受診です。

a0002_000462

 

脳梗塞の前兆 TIAとは

TIAとは、脳梗塞の前兆症状で

一過性脳虚血発作といいます。

 

脳の血管のなかに血栓が詰まって起こります。

血栓は直ぐ溶けるために、症状は収まってしまいます。

 

TIAを引き起こす危険因子とは?
  • 高血圧
  • 高血糖
  • 高脂血症
  • たばこ
  • ストレス
  • 運動不足

遺伝や加齢も要因の一つではありますが、

生活習慣を改めるのが一番です。

 

生活習慣を改めることで、なんとTIAの8割を予防できるのです。

 

まとめ

脳梗塞は、命を落とす危険が大きい病気です。

身体的にも後遺症を残してしまうことも多いです。

kenkoushindan_monshin

しかし、早期に治療を開始すれば

後遺症を残さずに治癒したり

後遺症がかくるなったりします。

 

脳梗塞の前兆や予防方法を知ることって大切ですよね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す