糖尿病による失明の危機 糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)とは?


糖尿病の3大合併症の一つが

糖尿病網膜症です。

 

日本人の中途失明の原因で第2位!

 

 

なんと年間3000人がこの疾患で見えなくなっていると言われています。

 

その症状の原因から解説していきます。

 

スポンサード リンク


 

糖尿病網膜症の症状とは?

image00126

初期段階

自覚症状がまだみられない時期。

ですが目の中の血管に小さな出血や異常が現れ始めています。

 

 

中期症状

視界がかすんできます。

実はこのとき、目の中は血管が詰まるという障害がおき始めています。

 

 

末期症状

視力低下や飛蚊症が起こり始めます。

目の中では大きな出血が起こり

網膜剥離(もうまくはくり)や緑内障(りょくないしょう)など

併発する場合があります。

 

 

糖尿病網膜症の原因って?

高血糖状態が続くと、
血管が閉塞障害と血液凝固異常がおきます。
動脈硬化になりやすく、
血管が硬くなって目詰まりするのです。

目は細かい血管が密集しているところ。

その血管が少しづつ詰まって、

網膜に酸素や栄養が届かなくなります。

 

酸素不足を補おうと、新たに細かい血管ができます。
これを新生血管と言います。

 

しかし、この新しい血管はもろく
ちょっとした刺激で出血する恐れがあり
それが酷くなると網膜剥離になり、失明してしまうのです。

future-175620_640

糖尿病網膜症の改善とは?

血糖値が不安定なのが糖尿病です。

これを安定させなければ、改善されないもの。

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 糖尿薬
  • インスリン療法

代謝の異常が糖尿病です。

各細胞が正常に働いていない証拠。

ならば、細胞が正常に働けばいい。

 

糖尿病網膜症の解決方法

 

糖尿網膜症は血管が老化して

細胞に栄養が送れないのが原因です。

  • 血管を柔らかくして拡張させ、目詰まりを除去します
  • 細胞膜を強化
  • インスリンの受容体を活性させます
  • 新生血管が作られている場合は抑止します
  • 血糖値を安定させます

 

 
糖尿病網膜症は、糖尿病という元を治さなければ

改善できないものです。

 

まとめ

糖尿病対策として

肥満や運動不足にならないよう

食事もバランスのとれたものを

摂ることを心がけなければです。

 

糖尿病になってしまったら…

まずは、眼底検査を受けます。

定期的に網膜症のチェックが必須!

 

受診はきちんと受けることをおすすめいたします。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す