秋バテの症状と対策とは?



台風一過で涼しくなると思いきや

ぶり返す暑さやなどで、

夏よりも秋に不調を感じている女性は多いようです。

virus_zutsuu

 

夏から秋にかけての気温差が激しくなり

身体が対応しきれずに体調を壊してしまいます。

 

寒暖差アレルギーとは?もご参照ください

 

秋バテは、夏にバテなかった人ほど要注意といわれています。

秋バテの症状とは?

  • 体力低下
  • 食欲不振
  • どっと疲れが出る
  • 風邪をひく
  • だるい
  • 立ちくらみやめまい
  • 寝不足
  • 朝、すっきり起きれない
  • 頭がぼーっとする

これらは秋バテのサインです。

 

スポンサード リンク


夏に冷房などで外気との温度差が急激になり、

猛暑のおかげで気温差に身体がついていけない方が増えています。

 

これがストレスをため、自律神経を乱す原因に。

そうすると血が滞りがちになってしまいます。

 

※ 血が滞る瘀血(おけつ)体質って?もご覧ください

 

これらが秋口に成って、疲れがどっと出始め

疲労感や身体の不調として現れてきます。

秋バテのはじまりです。

ache-19005_1920

秋バテの原因とは?

急激に下がる気温に夏の習慣が抜けないでいること。

これが原因とも言われています。

 

肌寒くなってきても薄着をしていたり

冷たいものを食べたり、飲んだりしていませんか?

  • クーラーによる自律神経の乱れ
  • 暑さによる疲労・ストレス
  • 冷たいモノの取り過ぎ
  • 冷房によるカラダの冷え

身体の表面が暑いのに、身体の中は冷えきった状態になると

体調を崩して秋バテになります。

 

この身体の冷えが、自律神経を乱して

血の巡りを悪くして、内蔵機能を悪くさせてしまいます。

kibunwarui_woman

自律神経の乱れと冷えが秋バテの主な原因とされています。

まずは冷えを取りのぞき、血の巡りをよくすることが大切です。

 

秋バテの対策とは?

 血行をよくするための入浴方法

38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり入ります。

全身を温め、血行をよくします。

炭酸入り入浴剤が効果的。

furo_woman

温めポイントで冷えを撃退

温めポイントは3つあります。

首・おなか・足首です。

この三点を意識的に温めるのが効果的です。

ストール、膝掛け、レッグウォーマーなどを活用するといいですね。

 

肩甲骨を動かしてリラックス

肩甲骨ダイエット動画で、簡単に肩をほぐせます。

肩をまわすのは意外と身体を温めるのです。

出典:GETTAMANメソッド 肩甲骨ダイエット

 

アイマスクでリラックス

蒸気が出るタイプのアイマスクで目元を温めます。

 

目と目元の緊張を和らげるのでリラックスできます。

目の周りも潤うようです。5分くらい乗せるだけで

疲れが取れます。

 

免疫力アップの食材でバランスをとる

vegetable

 

あるべく冷たいものは避け、暖かいものを

胃腸が弱っているときは、更によく噛んで食べるのが大切です。

免疫力アップな食品

  • カボチャ
  • サツマイモ
  • ジャガイモ
  • 長芋
  • れんこん
  • ごぼう
  • 椎茸
  • しめじ
  • 舞茸
  • さんま
  • サバ
  • ぶどう

など

まとめ

秋バテ対策の一番は、生活習慣の見直しからです。

秋の過ごし方に生活スタイルを変えていきたいものですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す