神無月と出雲大社 2013



神無月とは旧暦の10月のことです。

img6d3fe548zikbzj

 

出雲大社の大国主命(おおくにぬしのみこと)さま

大国主命は、日本の国土を作った神様。

 

 

そして因幡の白兎で、

毛皮をはぎ取られた色ウサギを助けた神様でもあります。

相当のイケメンだったと言われています。

 

神無月は

全国の神様が出雲大社に出張されるので

神様がいなくなってしまいます。

 

そのころから名付けられたと言われています。

 

ちなみに出雲だけは「神在月」と呼ばれているんです。

スポンサード リンク



 

神在祭とは

 

神様会議は、旧暦の10月11日〜17日までのあいだに

出雲大社で開かれます。

 

次に佐太神社に移動。

10月26日まで会議は続きます。

 

この期間は、出雲大社と佐太神社は神在際が行われます

 

大国主命神はいつも出雲大社にいらっしゃいます。

 

2013年の祭事は次の通りです。
11月12日 神迎祭(かみむかえさい)
11月13、17、19日 神在祭(かみありさい)
11月17、19日 縁結び大祭
11月19、28日 神等去出祭(からさでさい)
神様の宿泊所は?

 

全国の八百万(やおよろず)の神様が出雲に集まって来られますが
どこに宿泊されるのかといいいますと
出雲大社のなかにあるのです。
東十九社(じゅうくしゃ)、西十九社とよばれる長屋のような社があります。
東十九社はこんな感じです。
IzumoTaisha-jukusha
出典:Wikipedia
ここに神様会議にやってきた八百万の神様が泊まられます。
神在際の期間だけ
しめ縄が張られて、祭壇に供物が捧げられます。
出雲で行われる神様会議とは?

大国主命は日本を作った神様です。

自分の息子や娘を各地において、その管理をしたと言われています。

 

 

その子供たちが、年に一度出雲に戻ってきて

父親の大国主命に報告と打ち合わせをするようになった

と、言われています。

 

会議の内容は

 

人の運命やご縁の話し合いをします。

誰と誰を結婚させるのか・・など

出雲大社が、ご縁結びの神様といわれる所以です。

 

来年の天候、農作物、酒の出来なども話し合われているようです。

 

出雲大社

祀られている神様 大国主命
ご利益 縁結び 五穀豊穣 国家安泰など

より大きな地図で 出雲大社周辺駐車場マップ を表示/div>
住所 〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
電話 0853-53-3100☆


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す