社会保障改革とは? 内容をまとめてみた



 

 

社会保障っていったいどんなサービスが受けられるのかご存知ですか?

日本の社会保障は5項目!

 

  • 社会保険  健康保険・国民年金保険・厚生年金・介護保険・労災保険・失業保険
  • 公的扶助  生活保護
  • 社会福祉  高齢者福祉 児童福祉 障害者福祉 母子福祉
  • 公衆衛生  公衆衛生 伝染病対策 地域保健
  • 老人保健 後期高齢者医療制度

これらの5項目です

 

でも負担増ばかり聞くけど、どうなっていくの?

 

日本の高齢化はついに20%を超えました。

社会保障の支出は増加の一方!

 

年金問題も、消えた年金問題など、真面目に払っているのに

本当にもらえるのか不信感も募り、

年金保険料も納入率低下状態。

2014y03m06d_235551001

 

かつては現役世代10人が1人の高齢者を負担していたけれど

後10年もしないうちに破綻するかもしれないと言われているのは

現役世代1人が高齢者1人を支えることになるから

2014y03m06d_235752434

www.kantei.go.jp

 

これは、無理じゃないのってだれでも思っているところ

 

じゃあ医療負担も増加していくの?

 

去年、強行採決された法案 

社会保障プログラム法案

弱者切り捨て法案なんていわれていますよね。

2014y03m06d_235949616

ぶっちゃけ、こんな感じの法案です。

収入が高くても、低かったって関係なし!

医療費を使う人が負担すればいい。

 

 

患者の自己負担を増やすことで財源確保しようとしているんです。

 

病気にならない元気印な人なら、そりゃそうだ!的なところもありますが

所得が低ければ、病気になっても受診もできない。

そんな法案でもあるわけです。

 
スポンサードリンク


 

例えば・・・

 

  • 70歳~74歳の窓口負担の切り上げ
  • 紹介状がない場合の大病院でも診察は患者の自己負担増大!

こんなことも報告書ではかかれているんです。

 

健康管理や病気の予防は自助努力しなさいよ!って?

簡単にいえば、こういう法案です。

麻生副総理の「健康自己責任論」はこうです。

 

食いたいだけ食って

飲みたいだけ飲んで

超尿病になって病院に入っているやつの

医療費を俺たちが払っている。

公平ではない

 

いやいや、糖尿病ってそんな病気じゃないんですけど。

 

一見、その通り!なんて思いがちだけど

これは落とし穴でもあるわけ。

 

社会保障プログラム法案の本当とは?

 

低所得者層を中心に

病気で具合が悪くなっても、お金がないから病院に行けない

これを、受診抑制というのですが

結局、自己負担の増加などで

家計はさらに圧迫されることになるのではと懸念されています。

2014y03m07d_000558357

 

まとめ

このまま進むと、健康保険の崩壊まですすむのか

あるいは、ソコに頼らないでいいように稼ぐのか

負担を未来へ先送りしようとする制度に今一度考えさせられる法案です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す