睡眠不足の解消法とは



寝不足に陥ると、あなたのパフォーマンスが

著しく低下してしまいます。

※気になる「睡眠不足の症状とは」も合わせてご覧下さい。

a0002_007987

寝不足を解消するためには、睡眠の質を改善するのが先決。

 

睡眠の質を改善するためには、4つの方法があります
  • にリラックスした状態をつくる
  • 深い睡眠を得るために睡眠環境を整える
  • 体内リズムを整える
  • あなたに必要な睡眠時間を調べる

baby-174840_640

 

睡眠サイクルを知ろう!

人間の睡眠サイクルは1.5時間(90分)です。

この90分でレム睡眠(浅い眠り)、

ノンレム睡眠(深い眠り)へと移行しています。

 

 
スポンサードリンク


 

この3時間というサイクルにのって眠りをコントロールできると

質の良い睡眠ができるというわけです。

 

目覚めるタイミングは、ノンレム睡眠(深い眠り)時が良いようです。

このサイクルに合わない(1、2、4時間など)のレム睡眠時に目覚めると

「だるい!」といった寝不足感を感じるんです。

a1640_000372

そこでオススメなのが

睡眠不足を解消する方法

 

仮眠(ちょっとだけ昼寝)が効果的!

 

  • 昼寝
  • 深く眠りすぎないのがコツ
  • 熟睡しないため椅子に座ったまま寝る
  • コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物を、起きる時間の30分前に飲む
  • 20分のアラームをセットして寝る
  • 昼寝できないときは、目を閉じて休むだけでも脳の疲れを取る効果があります
  • 寝る1時間前から強い明かりの電気を消し光の刺激を少なくする
  • 厚手のカーテンで部屋を暗くします
  • 耳栓で外部の音を遮断します

 

ここ必須ですよ

  • 時間帯:12〜15時
  • 時間:15〜20分程度
  • 体勢:イスに座った状態(うつぶせではない)

 

20分の時間すらとれないんですけど!というあなたのために

 

マイクロスリープと呼ばれる方法

 

数秒から数十秒という短時間だけでも、脳を休めることができます。

それは、目をしばらくとじるだけ・・・というもの。

ミスができないような作業の前など、マイクロスリープを使って

成果を上げていきたいものです。

 

 

 

十分な睡眠時間を確保していたとしても、

質の低い睡眠になっていると、寝不足となってしまうこともあります!

 

質の高い睡眠をとり、寝不足を解消することができれば、

毎日を充実して健康的に過ごすことができるようになります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す