白髪の原因と減らし方



老化現象のひとつでもある「白髪」。

原因は謎なところが多く、

根本的な治療方法はまだ確率していないといわれています。

ache-19005_1920

 白髪になる原因とは

 

若白髪の場合は、色素細胞(メラノサイト)が

原因になっているケースは少ないです。

 

スポンサード リンク


※メラノサイトとは

色素細胞とも言われています。

頭髪の色を決めるメラニンを作り出している細胞のこと。

毛乳頭の周りにあります。

 

年齢を重ねていくと機能が弱まり、白髪になると言われています。

ストレスがもとになっているケースが多いのです。

メラニンと言うと、シミ・そばかすの大敵と思われがちですが

 

実は、紫外線から私達の体を守ってくれる働きをしてくれています。

メラニン色素が紫外線を吸収するので、

肌が受けるダメージを軽減してくれているんです。

 

 

ストレスと白髪の関係

stopwatch-73399_640

強烈なショックを受けると、髪の毛は急激に色を失ってしまいます。

ストレスを解消できないと、白髪になることもある・・なんて言われています。

 

一晩で真っ白になるというのは、なんだそうです。

因みに、一晩で脱毛することはあるとか(そっちのほうが怖い)

 

白髪は抜くと増えるってホント?

白髪は抜くと増えるから抜いてはダメなんてよく聞きますが

本当のところはどうなんでしょう?

 

これは事実ではありません。

ですが目立ってきた白髪を抜いているうちに、増えるかずに追いつかなくなったので

「増えたのかしら?」と感じるのでは?

 

大切なのは、白髪を抜くと「毛根が痛む」ので

炎症をおこしたり、生えてこなくなる可能性もあるので、

抜くのは好ましくありません。

 

食生活の乱れも原因の一つ

白髪になる原因の一つに、食生活の乱れもあります。

ファーストフードやデザートをよく食べる方は、

白髪になりやすいといえます。

炭酸飲料やコーヒーもダメージを与えやすいのです。

cup-20973_1280

刺激の強いスパイスもしかり。

食事の栄養バランスは大切!

白髪改善には頭皮の柔軟性を高めて

髪が元気に育つように栄養を食事から摂ることが必要です。

 

取り入れたい栄養素とは?
  • タンパク質やコラーゲン(頭皮を柔らかくする)
  • 亜鉛やビタミンE(髪の成長を促す)
  • ビタミンC(髪の老化を食い止める)

 

どんな食材に入っているのかって?
  • タンパク質やコラーゲン(豚足、ふかひれ、ゼラチン、うなぎ)
  • 亜鉛(牡蠣、しじみ、納豆、エビ、イカ、タコ)
  • ビタミンC(アセロラ、パセリ、ブロッコリー)
  • ビタミンE(大豆、ごま、アーモンド)

これらの栄養素を意識的に食事に取り入れるのは大切ですよね。

 

 

喫煙ももちろん悪影響ですよ。

夜ふかしは?

夜更かしして夜食!

健康な髪の毛を作るには、早寝早起き。

質の良い睡眠が必須です。

夜中に夜食はもってのほかですよ。

 

運動不足や血行を悪くしたり、

代謝を下げる生活習慣も髪の毛にはよくありません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す