瘀血(おけつ)体質って?


瘀血(おけつ)とはどんな症状でしょうか?

lab-24495_640

血の流れが滞っている状態です。

 

「血」はサラサラな状態が理想的ですが

何かの原因でサラサラな血液が、ドロドロに粘度が高くなり

そうなると、各臓器に栄養を届けられなくなり、そのため働きが

弱まっていきます。

 

その状態が「瘀血」といいます。

 

若い女性にとって最も多いのは「冷え」

冷えによって血行が悪くなるケースです。

 

唹血に発展する場合がある症状

  • 気虚・・・気の不足や滞り
  • 血虚・・・血の不足
  • 痰湿・・・水の滞り

唹血の舌というのがあります。

暗く紫っぽい色。舌の裏の2本の静脈が浮き出て、太く蛇行することも

 

気虚(ききょ)とは

重労働のあと、ぐったりするのは

一時的に「気」のエネルギーが不足している状態だからです。

 

きちんとした食生活と十分な睡眠で、普段は回復していても

過労が続くと、慢性的にしんどい状態になります。

これを「気虚(ききょ)」といいます。

 

胃腸の機能低下

食べたり飲んだりしたものを胃腸が消化吸収してくれます。

ですので胃腸が弱かったり、機能低下していると

「気」が不足しやすくなります。

 

そんなときの「舌」の状態ですが

全体的に淡い色 腫れぼったい感じです

また舌の縁に「歯の跡」が波打つようになっています。

 

血虚(けっきょ)

女性は生理が毎月あるので、男性より血が不足がち。

そのうえ食生活が単調になりやすい人は

栄養がとれずに血が不足した状態になります。

 

スポンサード リンク


それを「血虚(けっきょ)」といいます。

 

妊娠・出産など産後はどうしても血虚になりがち。

月経過多も血虚になる場合もあります。

tongue-181725_640

舌の状態は、

全体的な色は淡く、舌のこけはうっすらしています。

 

貧血とはいかなくても

  • 顔色が悪い
  • 肌荒れしやすい
  • 髪や爪が痛みやすい
  • こむら返りが頻繁に起こる

 

痰湿(たんしつ)

余分な老廃物がたまっているのが「痰湿」

 

体に必要な潤いを補う水

その水の巡りが一旦滞ると体にとって有害な物質へ変化していきます。

 

原因の中で最も多いものは

胃腸を酷使するような食生活。

 

食べたり飲んだりしたものが、上手く消化・吸収・排泄出来ずに

体の中にたまってしまいます。

 

体の中にたまりだすと、中性脂肪、コレステリールなどに変化

血中に入り込んで、血管にへばりついて

血流を邪魔します。

 

 

痰湿の舌 べとべとして厚く、白色、黄色の舌苔があります

よぶんな水分があると

 

  • むくみ
  • 下半身が重い
  • 肥満または水太り
  • 肩凝り、頭重く
  • 体が重く、だるい
  • 吐き気
  • めまい  などがあらわれます。

virus_zutsuu

加齢とともに、胃腸の消化・吸収力が鈍ってくると、血液がドロドロ

悪化することもあります。

 

まとめ

血の巡りが悪くなると

体の至る所で痛みが起こります。

瘀血が進行していくと

血管の老化が進み、生活習慣病を引き起こしたり

子宮内膜症、子宮筋腫などの婦人家計のトラブルに発展することもあります。

 

血は冷えると固まる性質を持っています。

体を冷やさないことが重要です。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す