生活保護を受けるための5つの条件とは?



病気や失業で生活が苦しくなったら

満足に働けず、生活が苦しい。

alone-96856_640

そんなときに利用できる制度があります。

 

スポンサード リンク


それが生活保護制度です。

返済は不要。

生活保護世帯は、固定資産税、地方税、国民年金保険料が減免されます。

 

地域ごとの所得、物価水準、により6段階に分けられます。

 

生活保護を受けるための5つの条件とは

国で定める最低生活費を下回る場合
  • 仕事の給与
  • 年金
  • 各種福祉手当
  • 仕送り
  • 保有資産

それらを合計しても最低生活費に満たない場合という条件があります。

 

 

世帯全体の収入合計が最低生活費を上回っていない

借金の返済が多いとか、浪費癖がある

あるいはニートなんていうのはもちろんダメです。

adult-18945_640

預金・土地・車などの資産がある

資産をもっていてはダメです。

車・バイク・持ち家・生命保険がある場合、これもだめです。

携帯電話やパソコンもダメです。

cellphones-98632_640

 

親族など助けてくれる人がいない

親兄弟や子供、その誰一人から扶養してもらえないこと。

親族は扶養の義務がありますので、助けないのはおかしいということです。

親族には確認書類で通達があります。

 

年金など受給しているものを合わせても、最低生活費を下回る

所定の最低生活費を下回る収入しかない場合に支給されます。

 

最低生活費とは

最低限の生活を送るために必要とされる金額。

住んでいる地域の物価や世帯の構成によって異なります。

 

生活保護は、世帯単位で認定されます。

家族内の個人が困窮していても、他の同居家族の収入があれば

利用できないこともあります。

 

どれだけ支給してもらえるの?

扶養の種類があって、次の8つの扶助を合計した金額です。

coin-2317_640

生活扶助

食費や衣服費など普通の生活で必要な経費。

母子世帯、障碍者、中学就学前の子供がいり場合、所定金額を加算します

 住宅扶助

家賃や家屋の維持費など

教育扶助

家族の義務教育に必要な費用

介護扶助

要介護・要支援の認定を受けた家族がいる場合、無料で介護を受けられます

医療扶助

医療費の支給 指定の医療機関で医療券で受診できます

出産扶助

家族の出産費用

葬祭扶助

家族が亡くなった場合の葬儀費用

生業扶助

就業または、自立に必要な資金

技能を取得するための費用

 

まとめ

じゃあ、働かなくてもお金がもらえるの?

仕事しなくてもいいのでは?

と、思うかもしれないのですが

生活保護は、最低限の暮らしを保つためのものです。

 

収入がないからと言って、すぐにもらえるものでもないし

将来、年金も当てにならないなら、生活保護をうければいいかな

というものでもないのです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す