犬の熱中症対策とは?



犬は、寒さには結構強いのですが

熱さには弱く、熱中症になりやすい動物です。

 

 

人間は汗をかいて、体温の調節をしていますが

犬は口でハアハア呼吸をすることで唾液を蒸発させています。

気化熱で体温を下げているのです。

 

犬は、汗腺が足の裏の肉球などに限られています。

 

人間みたいに汗をかけないので、

体に熱がよりこもりやすいのです。

 

体温調整が苦手なので、

人間以上に熱中症のリスクが高いといえるのです。


akubi_dog

わんちゃんも大切な家族の一員。

飼い主さんのほうから、より気を使ってあげてくださいね

 

 

犬の体温って人間よりもやや高めの

37.5〜 39度前後です

(子犬や小型犬は、もう少し高めです)

 

 

犬は体温が41度が限界と言われています。

え!2度ちょっとしかないんですけど!

 

 

では、熱中症になる原因をみていきましょう

犬が熱中症になる原因とは?

 

蒸し暑い日に車内で留守番させる

cocker-spaniel-89247_640

熱中症の原因で最も多いのが、車内で留守番。

 

エアコンをつけづに停車した車内は

熱がこもって温度が急上昇します。

 

エアコンの代わりに窓を少し開けたら?

 

不慣れな車内に置いてけぼりすれば、興奮するもの

興奮すると、体温が急上昇してしまいます。

 

 

閉め切った室内で留守番させる

閉め切った室内の室温は相当高くなります。

直射日光が入り込むならなおさら。

 

ケージに犬を入れておくなんて、

熱中症になってしまうので危険です。

 

 

蒸し暑い日に屋外で過ごす

直射日光があたる屋外でも熱中症の原因になります。

  • 炎天下の海や山
  • コンクリートの上の照り返し

こんな場所も危険なのです。

 

蒸し暑い時間の散歩

真夏のアスファルトの表面温度って知っていますか?

なんと50度近くにもなるのです。

 

あっつ熱の鉄板みたいなところを、裸足で歩かせるようなもの。

しかも、地面近くは照り返しで放射熱を受けやすいので

肉球が火傷してしまいます!

 

 

熱中症になりやすい犬って?

短頭種の犬

はなぺちゃ君立ちは、呼吸がしづらいので

熱いとさらに悪化して熱中症になりやすいんです。

  • シーズー、
  • ペキニーズ、
  • パグ、
  • ブルドッグ、
  • ボストン・テリア、
  • ボクサー

bulldog-69418_640

北方の犬

寒冷地仕様な犬たちなので、厚い被毛をもっているので

生まれつき熱さに弱い体質。

 

皮膚呼吸が少しでも楽になるように

ブラッシングなどの皮膚の手入れをしてあげてくださいね。

  • シベリアンハスキー
  • サモエド
  • グレート・ピレニーズ

husky-258089_640

メタボな犬(肥満気味)

肥満気味な犬は、皮下脂肪が分厚いので熱がこもりやすいんです。

  • 心臓にも負担がかかってしまう
  • 首回りの脂肪が器官を圧迫してして呼吸がしにくくなる
  • 呼吸がしにくいと体温調整ができない

 

子犬や老犬

子犬は体の機能が未発達だったり、老犬は体温調節が上手くできなかったり

熱中症になりやすいのです。

dog-173720_640

持病のある犬

持病をもっている犬は、健康な子達よりも

呼吸器機能が低下しています。

体調が悪いと熱中症にもかかりやすいもの。

 

熱中症になった時の犬の症状とは?

 

  • 大きく口を開けて、ハァハァ息苦しそうに呼吸を繰り返す
  • ぐったりする
  • よだれを大量にだす
  • 舌の色が赤黒く見える
  • 眼が充血
  • 呼んでも反応がない
  • ふらついて倒れる
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
さらに危険な症状
  • 虚脱
  • 失神
  • 震えがみられたり、意識が混濁
  • 呼びかけに反応しない
  • 意識がなくなる
  • 全身性けいれん発作を起こす

酷くなると、血尿等の出血状態がみられたり

チアノーゼ、ショック状態を起こすこともあります。

 

応急処置の仕方とは?

慌てないで!

そんな時は先ず冷水を全身にかけて体を冷やしてあげます。

意識があるなら

 

  • 先ずは涼しい場所に移動
  • 水をたくさん飲ませてあげます。
  • 三点クーリング(アタマや脇の下、内股の付け根)を冷やして上げます。

体温は下げすぎないように

39度までさがったら受診です!

 

意識がない場合

体を冷やして即、受診!

体を冷やすこと無しに病院に連れて行くのは途中で悪化を招きかねません。

体温を下げる処置をしながら病院につれていってくださいね。

 

見た目は普通でも、

循環器や臓器がダメージを負っている可能性もあります。

必ず受診してくださいね。

 

まとめ

犬は呼吸によって唾液を蒸発させます。

その気化熱を利用して体温調節をしています。

dog-191587_640

湿度が高いと唾液が発散しにくいのです。

蒸し暑く湿度の高い日であれば、熱中症になる可能性もあります。

注意してあげてくださいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す