忘年会の幹事の挨拶 これで決まりさ!



忘年会シーズン

宴会の印象を決める挨拶や締め

乾杯の音頭ってどうすればいいのか まとめてみました。

a1080_000072

 

乾杯役に指名されてしまったら?

乾杯の挨拶には、3つの流れというものがあります。

ここを抑えてバッチリ決めたいところです。

  • イントロ
  • メインスピーチ
  • 乾杯の音頭

立ち上がって前にでます。

一礼して簡単な自己紹介

短めのスピーチから乾杯の音頭

一礼して終わり・・・そんな感じです。

 

a0002_008486

イントロ部分の挨拶

 

只今、ご指名をいただきました○○でございます。

大変せんえつではございますが

乾杯の音頭を取らせていただきます。

 

スポンサード リンク


ポイントはあまり時間をかけすぎず、それでいてシンプルにです!

 

メインスピーチはこんな感じです

今日の宴会は、○○さんの企画で開催することができました。

折角の機会です。

楽しく語らいましょう!

 

ポイントは、挨拶は短めに 主役を引き立てながら、要点を抑えて簡潔に

ここ重要ポイントです。

a0790_000540

乾杯の音頭は?

それでは、今日は盛り上がっていきましょう 「乾杯!ありがとうございました」

 

ポイントです

勢いとスピード感が大切です。

さぁ楽しむよ!といった感じを出していきたいですね。

 

 

宴会の締めも大切です。

盛り上がっているところでも、はっきり伝えていきます。

キレイにお開きにできるかどうかの瞬間です。

a0002_010494

イントロはこんな感じ

 

皆さん!会場のお時間が迫ってまいりました。

このあたりで一旦お開きにさせていただきます。

本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございました。

 

二次会の有無を知らせるスピーチは?

 

まだまだ飲み足りない方もいらっしゃると思います。

このあと二次会を予定しています。

お時間に余裕のある方は是非、ご参加ください。

 

ポイントは、ここでお開きなのか 

続きの二次会はあるのかをサクっと伝えます。

 

締めの言葉とは?

感謝の言葉とお礼を述べて、最後は一本締めや万歳で締めくくると

盛り上がります。

 

まとめ

幹事さんの挨拶で、すべらずキメたい!

あらかじめ練習して、おきたいものです。

 

決まると、ヨッシャーっていう感じ。

頼りにされる幹事さん目指して、がんばってくださいね。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す