子供の肺炎の症状とは



子供の肺炎の場合、かぜなどをこじらせて

ウイルスや細菌による炎症が肺胞にまで進んでしまった状態をいいます。

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_m

高熱と、はげしいせきのほか呼吸困難なども見られます。
赤ちゃんの場合、重症化しやすいので入院して、

抗生物質などを使い治療をするのが基本。
家庭で看護する場合は水分補給をまめにして、

湿度の高い部屋で安静に。

baby-20339_640

ほとんどが、かぜをこじらせた結果起こるもの。

 

ですからかぜや気管支炎の段階できちんと治し、

肺炎まで悪化させないことが大切です。

 

気管支炎との区別とは?

症状だけからは気管支炎と区別しにくいのですが、

レントゲン検査をすれば
肺の一部が白くなって映るので、診断がつきます。

2013y09m14d_211840298

 

出典:町医者の家庭の医学

ウイルス性の場合はかぜ症状から始まることが多いのです。
細菌性の場合は発熱から急に始まる場合もあります。

高熱とはげしいせき、呼吸困難になることもあります。

 

子供の肺炎の症状と特徴は?

 

  • 高熱とはげしいせきが特徴です
  • 熱は、38~40℃と高く
  • ゴホゴホと痰が絡んだ音が特徴
  • ぐったりして、食欲がなくなる
  • 脱水症状を起こす心配もある

akachan_cry

赤ちゃんの場合でる症状
  • 呼吸困難がひどくなるとみぞおちのあたりがへこんだり(陥没呼吸)
  • 呼吸が小刻みに速くなったり、
  • 小鼻をピクピク動かしたり

とても危険な状態です。

肺炎の症状かも! チェック方法はこれ!

肺炎が疑われる簡単なルールがあります。

ふつうこじれていないかぜのときには、

いくら発熱しても3日くらいで解熱してきます。

9648c791be8c1584057fd58d55de494b_m

熱が4日以上続くときには

肺炎や他の発熱の原因がないか、

調べていく必要があります。

 

発熱とせきが4日以上続くときには

年齢に関係なく、胸部レントゲン写真を撮影して

肺炎を起こしていないか、調べる必要があります。

 

まとめ

ふだん元気な年長児、

小学生、さらに大人の人が、
かぜをひいても無理に学校や仕事をしているうちに

肺炎を起こしてしまう例を、しばしば経験します。

このような肺炎を見逃さないためにも、

発熱を起こしてから何日経過しているかを数えてみることは、

たいへん重要です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す