妊娠中の風邪!効果のある治し方とは?



妊娠中に風邪を引いたら

赤ちゃんに影響は!と心配で

20131031143612f12

そもそも、妊娠中はウイルスに対する抵抗力が低下しています。

風邪と言えば・・・

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ

と言った感冒症状がメインです。

 

妊娠中の風邪の治し方って?

37.5度くらいであれば、

胎児に影響しないです。

赤ちゃんは大丈夫!

 

軽度の風邪ならウイルスが胎盤を通って

胎児に影響を与えることはありません。

 

微熱程度なら、

ゆっくり休養すれば2〜3日で治ります。

 

40度近い高熱が続いたら?

高熱が続かなければ、

赤ちゃんに影響することはありません。

昔からよくいわれる風邪の治し方でOK。

 

栄養と水分を摂って、ゆっくり寝ていることが一番!

薄毛頭に栄養を補給しても水分が足りないと髪は育たない!

病院に行って長いこと待たされたりしたら大変です。

かかりつけの産婦人科に連絡して、

指示を仰いでからにしてくださいね。

 

 

最近感染で重症化した場合は?

症状が一週間以上続いた場合は、

最近感染を起こしている可能性が高いです。

virus_character

その場合は細菌だけを抗生物質で処方します。

 

感染していなくても

ウイルスが体内に残っていたらアレルギー反応を起こすことがあり

なにかしら症状が出る場合はもあります。

先ずは、かかりつけの産婦人科に受診です。

 

考え過ぎは、疲れ倍増になってしまいます

 

妊娠中に風邪をひいたからといって

赤ちゃんに多大な影響を与えることはありません。

 

風邪をひいたら絶対ダメ!

って神経質になりすぎるのも

よくありません。

だって、ストレスがたまってしまいますもの。

ストレスが溜まって疲れがでては

かえって風邪をひきやすくなるものです。

 

 

消化の良いもの、温かい食べ物を食べて

風邪をひいても、ゆっくり休める。

それくらいの意識をもってやすんでくださいね。

 

高熱が続くと、ママも辛いもの。

あまり、しんどうようでしたら

産婦人科に相談して解熱剤を処方してもらうのが良いです。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す