大阪の私立高校の授業料 無償化って本当?



私立の高等学校で勉強させてあげたい。

でも経済的負担が半端ないですよね。

 

そんな経済的負担の軽減を図るために授業料を充当する

就学支援が国より支給されるのです。

 

国の就学支援金について

今年から所得制限が設けられたんです!

今年から、この制度は所得制限が設けられました。

ええええ!

支給してもらえなくなるの!

 

スポンサードリンク



いえいえ、一定の収入額未満の世帯に生徒に対して支給されるんです。

 

具体的には

年収の目安で910万円未満の世帯

 

正確には

市町村民税所得額が 30万4200円未満(両親合わせての金額)

この世帯の生徒に対して

月額 9900円(年額 118,800円)が支給されます。

 

ポイントです

年収の目安 910万円未満の範囲内で

世帯の収入に応じて就学支援金の額は加算して支給されます。

tsugaku_girls

支給してもらうには書類申請しなければなりません

就学支援金支給に必要な書類等

  • 申請書
  • 課税証明書等(市町村民税所得割額)
  • 平成25年度課税証明書

 これらが必要なんです。

大阪府の授業料支援補助金について

簡単に言いますと

授業料負担が実質無償ということです。

 

 

所得基準が2通りあります

 

授業料が実質無償となる世帯

年収のめやす 610万円未満世帯

(市町村民税所得割額 162,900円未満世帯)

 

 

授業料負担が年額10万円となる世帯

年収のめやす 800万円未満世帯

(市町村民税所得割額 251,100円未満世帯)

 

あなたはどちらに属してはりますか?

 

大阪府内の私立高等学校等の授業料無償化制度の内容

 

就学支援金は入学時に学校で手続きを行います。

  • 全日制高校
  • 専修学校高等課程

毎月1日に在学する生徒が支給対象なんです。

授業料は、大阪府から私立高校へ振り込まれます。

 

 

授業料は一旦、振り込まなければならないのです

私立高校等は生徒の10月1日時点での在学を確認して

11月頃に大阪府から学校へ補助金が振り込まれます。

 

そこで、授業料の還付や相殺を行うので、

一旦授業料を納付して頂く必要があるのです。 

 

大阪府内在住の生徒と保護者が対象です。

 

必要な条件があります
  1. 私立高校生等就学支援推進校に入学している
  2. 10月1日に在学していること
  3. 保護者の市町村民税所得額割が基準の範囲内であること
  4. 在学する私立高校が指定する期限までに、学校で必要手続きを行うこと

 

 就学支援金・授業料支援補助金の所得分と年間支給予定

(平成26年度の入学生の場合です)

所得区分 年収の目安 市町村民税所得割額 就学支援金(国) 授業料支援補助金(府) 支援の合計 保護者負担
Aランク 250万円未満 非課税・0円・生活保護 297.000円 283.000円 580.000円 0円
Bランク 350万円未満 51.300円未満 237.600円 342.400円    
C1ランク 590万円未満 154.500円未満 178.200円 401.800円    
C2ランク 610万円未満 162.900円未満 118.800円 461.200円    
Dランク 800万円未満 251.100円未満   361.200円 480.000円 100.000円
府外対象 800万円以上 251.100円以上     118.800円 461.200円
国対象外 910万円以上 304.200円以上 0円 0円 0円 580.000円

 表は年収は、保護者のうちのどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)

中学生1人の4人世帯の場合の目安です。

 

 必要な手続きは入学後

私立高校等において申請手続きが必要です。

 

注意事項があるんです

所得区分の判定

保護者の市町村民税所得額割で行い、毎年度判定します。

 

保護者が府外へ転居 離婚等した場合は支給額が変更になります。

 

保護者が府外に転勤の場合(単身赴任)、これは事例の写しを申請書類に添付すれば、大阪府内在住とみなす場合もあります。

 

保護者の全員、または一方が海外に在住していて「市町村民税所得割額」を

証明出来る書類が発行されない場合は国の就学支援金の加算

それに府の授業料支援補助金が支給対象外になります。

 

  • 入学金
  • 教科書代
  • 修学旅行費

など、授業料以外の給付金は対象外です。

 

生徒が10月1日より前日に私立高校を退学・転学した場合

その粘度における授業料支援補助金は支給されません。

 

授業料の還付や相殺は私立高校によって異なります。

詳細は学校の事務室にお問い合わせくださいね。

 

また、私立高校独自の奨学金は減免制度が適用がある場合

支給額が異なります。

 

私立高校等に在学中に保護者や学費を負担している方の

  • 失職 倒産して筧が急変な場合
  • 授業料の納付が困難になったとき

授業料の減免補助制度の対象となる場合があります。

(その際は学校の事務室にお問い合わせください)

 

問い合わせ先です

大阪府 府民お問い合わせセンター ピピッとライン

電話:06-6910-8555

 

まとめ

平成26年度の高等学校就学支援金の受給は

前年と変わってきています。

 

ややこしいですけれど、書類を揃えてしっかり支給してもらい

経済負担を軽くしていきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す