土用の丑と鰻の高騰と



土用の丑といいますけれど、一体どんな意味があるんでしょうね

暑い夏をウナギ食べて、精をつけようぜ・・・的な意味でしかしらなかったので

早速調べてみました

 

土用の丑とは

fish_unagi

 

 
スポンサード リンク



 

江戸時代の蘭学者 平賀源内が 知人のうなぎ屋のために

「本日 土用の丑の日」と店頭に張り紙したところ大繁盛したのがきっかけ!

A_Portrait_of_Kyūkei_Hiraga_cropped

なんと、平賀源内の陰謀だったのか(笑)

 

万葉集にも、「うなぎを食べて健康を維持しようという」くだりがあるという
スポンサード リンク


 

そこから土用の入りになって、最初に来る丑の日に

夏バテ防止にうなぎの蒲焼を食べる習慣が着いたのだそうです

 

 

夏バテ防止というと、原因の一つに「栄養不足」があるのだそうです

 

 

汗かきすぎて、ミネラル不足!

 

 

元々体に吸収されにくいのに、体外に排出されたらまずいっしょ

 

夏バテ防止は栄養をしっかり摂ることが大切

うなぎって、ビタミンが豊富で

吸収力も高く、胃腸にも優しいってこれは食べるしかない!

 

 

それにしても、鰻の高騰ぶりには目を見張るものがあります

 

3000~4000円なんて当たり前!

 

鰻の代用品も登場しているらしい

味が似ていて栄養高かったら、ありなのかなあ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す