口唇ヘルペスになる原因は?



よく「風邪の華」とか「熱の華」なんていわれるけれど

あれが、口唇(こうしん)ヘルペスのことなんです。

 

口唇ヘルペスは、唇や口の回りに小さな水ぶくれができる病気です。

原因は「単純ヘルペスウイルス」です。

 

コレって、感染しても必ず症状が現れるともかぎらないんです。

むしろ、高齢者のほとんどは

このウイルスに感染しているといわれています。

 

今日の目次です
  • 口唇ヘルペスの症状は?
  • 口唇ヘルペスの原因は?
  • 口唇ヘルペスの治療法とは?
  • 口唇ヘルペスの重症化しやすいケースとは?
  • 口唇ヘルペスの感染予防は?

 

ではさっそく、まいりましょう

 

口唇ヘルペスの症状とは?

 初期症状

唇や口の周りにチクチクしたり、ピリピリした感じを覚えます。

皮膚の変化は見られないものの、痒く感じたりしてきます。

 

中期症状

皮膚が赤く腫れた状態になってきます。

ウイルス増殖期間です!

ここから目立ちはじめるので接客業の方は、

ホント困る!という感じです。

 

治療をはじめるならこの時期です!

 

さらに腫れた部分に体液が溜まり始めます。

水ぶくれ(水泡)です。

水ぶくれは絶対潰したりしてはいけないんです!

 

なぜなら、この体液に口唇ヘルペスの原因になっている

ウイルスが含まれているからです。

 

水ぶくれを潰してしまうとどうなるの?

 

ウイルスが指について他人にうつしてしまう可能性があります。

体液がついた指で自分の目を触ったりすると、さらに目にも感染してしまいます。

即行、手洗いしてくださいね!

 

また、傷口にも他のウイルスが侵入して二次感染をおこすことがあるので

水ぶくれ、潰してはだめですよ。

 

後期症状

水ぶくれの部分が乾いてかさぶたになりだしたら

快方に向かっている証拠!

かさぶたは気になるけれど、自然にはがれるまで待ってくださいね。

 

口唇ヘルペスは、だいたい2週間程度で回復します。

 

ニキビや吹き出物も口の周りにできるけど違いは?

ニキビも赤くなったり、腫れたりしますが

口唇ヘルペスのように、チクチク・ピリピリという違和感は

ないので、違いはかわりますよ。

 

 

では、口唇ヘルペスになる原因って何でしょうか?

次はその原因をさぐってまいります。

 口唇ヘルペスの原因は?

口唇ヘルペスの原因はズバリ、ウイルスです。

「単純ヘルペスウイルス1型」と呼ばれる病原体です。

 

1型は上半身に出て、ウイルスが顔や三叉神経節に潜んでいます

そのために…

  • 口唇
  • 角膜炎
  • 歯肉口内炎
  • 咽頭炎
  • ヘルペス脳炎

などに症状がでてきます。

 

ヘルペスのウイルスは最初に感染して免疫ができても

体力の低下などで抵抗力が弱っていると再発を繰り返してしまいます。

 

 

ヘルペスウイルスの特徴って?

一度感染すると、人間の神経細胞の中に隠れて潜んで

生き延びているのです。

これがヘルペスウイルスの特徴「潜伏感染」です。

 

普段は症状は出ませんが、体の抵抗力が弱まっている時に

急に増殖して暴れだします!

 

では、その口唇ヘルペスの治療方法をチェックしていきましょう

口唇ヘルペスの治療方法とは?

その昔、口唇ヘルペスには積極的な治療方法がなかったので

その時は、自然治癒を待って治していました。

 

治癒まで2週間はかかります。

  • 水ぶくれを潰さないよう気をつける
  • かさぶたを自分ではがさない

これで跡を残さずに治すことも可能です。

 

いやいや、人前でヘルペスの顔みられるのはちょっと…

そんなときは、皮膚科に受診です。

 

内服薬を服薬することによって、自然治癒より早く完治することができます。

「抗ヘルプスウイルス剤」という内服薬ですが

これは受診しないと手に入れることは出来ません。

medical-41834_1280

内服薬で神経節のウイルス増殖を抑えることができます。

 

内服薬は、症状が出た段階で直ぐ服用すれば回復が早く

神経節に戻るウイルス量が減って、再発しにくくなります。

 

 

口唇ヘルペスの重症化しやすいケースとは?

相手に感染させて重症化させてしまうケースというのがあります。

 

症状が出ている時は、ウイルスも量が多いです。

そんな時は自分自身が「感染源」になってしまうので

人との接触には注意が必要です。

 

発症しないか、発症しても軽症で済む場合
  • 相手がヘルペスウイルスに免疫を持っている
  • 抵抗力がある

 

相手が重症化しやすいケース
新生児の場合

免疫機能が未発達な新生児の場合は全身に強い症状がでます。

ですので、可愛いんですけどキス等は避けて下さいね。

 

母親が既にヘルペスウイルスに感染して免疫がある場合

この場合は、新生児の症状はそれほど重症化しないんです。

 

どちらにせよ、過度な接触は控えた方がいいですね。

 

出生後の赤ちゃんの場合

 

大人からのキスで感染したり、口唇ヘルペスに触った手で

赤ちゃんに触れたりすると感染していまいます。

赤ちゃんに触れる前に、よく手をあらってくださいね。

 

アトピー性皮膚炎の人

皮膚バリア機能が低下しているアトピーの人には

皮膚に触れると簡単に感染して重症化してしまいます。

 

病気などで免疫機能が低下している人
  • 白血病
  • 悪性腫瘍
  • 移植手術後などの患者さん

お見舞いは控えるようにしてくださいね。

 

では、口唇ヘルペスの感染予防を知っておきましょう

口唇ヘルペスの感染予防は?

 

口唇ヘルペスでの一番高い感染ルートは家族間接触です。

 

水ぶくれの症状が出ている時期は

特にウイルス量が多く感染力が強い時期です。

症状がおさまるまでは、他の人に感染しないように

注意を払うことが大切です。

 

感染予防方法は次の通りです。

  • 水ぶくれを破らない
  • 患部を出来るだけ触らない
  • 患部を触ったらすぐ手洗いをする
  • 感染しているときはタオルを他の人と共有しない
  • 食器なども共有しない
  • 患部や唾液にもウイルスが含まれているので、キスも控える

 

まとめ

口唇ヘルペスは一生つきあっていく病気です。

 

抵抗力が弱くなると、出てきて暴れるウイルスですので

再発しないためにも生活習慣を整えて、

元気に過ごすことが大切ですよね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す