厄払いに行く時期とは?



 

そもそも厄年ってなあに?

厄年は数え年で

男性が、25歳 42歳 61歳

女性が、19歳 33歳 37歳 61歳

をいいます。

これらの年齢が「本厄」です。

 

 

一つ前の年を「前厄」

「本厄」の次の年を「後厄」と言います。

 

スポンサード リンク


根拠はあるのか?

医学的根拠というのはないようですが

文字通り、災難に遭いやすいといわれる年齢なのです。

 

体調の変化が起こりやすい時期

重なり合っているのです。

 

stopwatch-73399_640

あるいは、社会的環境が変わる時期にも一致するようです。

精神的・体調的にストレスがかかる時期です。

 

あ!厄年やん!

早めの厄よけ(厄祓い)祈願を受けて無事に過ごせることを

お勧めします。

 

厄年の数え方チェック!

厄年は「数え年」です。

数え年?

生まれた時が一歳です。

お正月がくると、一つ年を取ります。

例えば、12月31日生まれの赤ちゃんは

翌日の1月1日には、2歳になる。

この数え方が、「数え年」です。

baby-19295_640

数え年計算方法はこれだ!

 

現在の年齢を、「満年齢」と言います。

今年に入って、既に誕生日を迎えられた方は、「1歳」を

また、誕生日が来ていない方は「2歳」を

足した数が、今年の数え年です。

 

どの神社に厄払いに行けばいいの?

厄払いする神社ですが

普通は近所にある神社で行うようです。

 

また有名な厄よけ神社でお祓いを行う方もいてはります。

有名な神社は、人気なだけに混雑も必至。

待ち時間も半端ないようです。

 

神社を選ぶポイントってないの?

日本中たくさんの神社があるので、どこに行けばいいのか?

と思うもの。

  • 手入れが行き届いた神社
  • 宮司さんがきちんとされている神社

そうでないところなんてあるの?という感じですが

手入れが行き届いた神社でお祓いをしていただくと

やはり心機一転、気持ちを切り替えていけるのではないでしょうか?

 

tatemono_jinja

厄払いに行く時期はいつ?

肝心な厄払いに行く時期はいつがいいのでしょうか?

厄年の期間が

元日〜大晦日

立春〜節分とされるため

お正月や節分前後に行くことが多いようです。

 

神社では一年中受け付けているので

気になったときにお祓いを受けることができます。

 

前厄・本厄・後厄と毎年お払いする方も入れば

本厄だけお祓いにいく方もいます。

 

まとめ

長い人生には色々なシーンで、節目となるところがあります。

plant-69433_640

その節目にあたり、あらかじめ心の準備を怠らないよう

先人の知恵

厄年という習わしがあるのですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す