七草粥とは?



七草粥って粥を食べる行事なの?

2013y10m31d_162848140

1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」です。

読んで字の如く、「人の日」です。

五節句の一つです。

 

余談ですが、因に…五節句とは?

  • 1月7日 人日(じんじつ) 七草の節句
  • 3月3日 上巳(じょうし) 桃の節句
  • 5月5日 端午(たんご) 菖蒲の節句
  • 7月7日 七夕(しちせき)七夕
  • 9月9日 重陽(ちょうよう) 菊の節句

まめ知識に覚えておくのもいいかも。




七草粥の由来とは?

古代中国で

  • 元日に鶏
  • 2日にいぬ
  • 3日に猪
  • 4日に羊
  • 5日に牛
  • 6日に馬
  • 7日に人
  • 8日に穀

それらを占う行事がありました。

7日は人に罰を与えたりせず、7種の若葉を粥に入れて

無病息災を願ったことから始まりました。

 

 

日本では、この風習が伝来して

年の初めに「若菜摘み」という風習と結びついて

「七草粥」となったのです。

そして江戸時代の五節句として定着しました。

 

前日に七草を摘んで、翌日の7日の朝にお粥にして頂きます。

 

お正月のご馳走に疲れた胃を労り、

ビタミンを補う役目も実はあるのです。

出典: ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

食こそ健康の源

 

七草粥は、実は究極の健康食でもあるのです。

 

お茶碗一杯で、カロリー約140kcal。

 

お正月に食べ過ぎて、増えた体重を戻すダイエット食でもあります。

metabolic_woman

また七草粥は低カロリーだけれども

ビタミンなど豊富なのです。

スポンサード リンク


 

せり

2013y10m31d_162411094

消化を助けて、黄疸をなくします。

効果としては

食欲増進・利尿作用・解熱・肝臓回復

栄養補給として

ビタミンA・ ビタミンB・ ビタミンC・カルシウム

 

なずな

2013y10m31d_162416488

視力や五臓に効果あります。

効果としては

食欲増進・利尿作用・解熱・肝臓回復

栄養補給として

ビタミンA

 

ごぎょう

2013y10m31d_162425131

 

効果としては

咳止め・気管支炎予防・扁桃腺予防

 

はこべら

2013y10m31d_162428011

歯茎や排尿によいと言われています。

 

ほとけのざ

2013y10m31d_162431695

歯痛に効きます。

 

すずな

2013y10m31d_162434578

消化促進、しもやけやそばかすに効果があります。

栄養補給として

ビタミンC ビタミンK カルシウム 鉄分

 

すずしろ

2013y10m31d_162444460

咳止めや神経痛に効果があります。

栄養補給として

ビタミンC カルシウム

 

春の七草の覚え方

簡単に覚えるなら

5・7・5・7・7のリズムで覚えるのが一番ですね。

「セリ ・ナズナ / ゴギョウ ・ハコベラ / ホトケノザ / スズナ ・スズシロ / 春の七草 ♪」

まとめ

今は、生えているのを全部見つけるのは大変。

七草セットが便利です。

無病息災、胃腸をいたわって新しい年を更に飛躍していきたいものですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す