ペルセウス流星群 2013年 方角と見頃の時間は?


2013年 ペルセウス流星群の最も活発に流れる時間!

 

8月12日の夜から13日未明

極大になる日時は、8/13 午前3時頃です

space_comet

深夜に起きていられない!と言われる方のための観測時間ですと

12日22時ころから13日の明け方までなら

かなり多くの流星が出現するようです

 

スポンサード リンク


しかも、今年はお盆休み中という好条件

 

ペルセウス流星群は

広範囲で観測できるので方角は気にする必要はないですね

 

1時間に30~50個程度流れるので午前3時頃がベター

なるべく建物が少なく

できるなら寝そべって空を眺めることができるのがいいですね

 

ペルセウス流星群をもっとチェックするには

  • 撮影の方法
  • 観測方法
  • 流星活動の予想

などなど詳しく掲載されているので、事前にチェックするのもいいかと☆彡

【送料無料】月刊 星ナビ 2013年 09月号 [雑誌]

【送料無料】月刊 星ナビ 2013年 09月号 [雑誌]
価格:800円(税込、送料込)

 

 

ペルセウス流星群と三大流星群とは

  • ペルセウス流星群は7月20日~8月20日ごろにかけて出現する流星群
  • 1月のしぶんぎ座流星群
  • 12月の双子座流星群

ペルセウス流星群の歴史って?

どれくらい昔からペルセウス流星群って観測されていたかご存知でしょうか?

なんと!2000年前から観測されているんです

紀元前から観測されていて、記録が残っています

観測データも膨大なんでしょうね

 

※2012年8月12日ペルセウス座流星群

 

観測スポットでおすすめなお宿ってあるのかな

八ヶ岳グレイスホテルはホテルで天体望遠鏡も貸してくれるという☆彡

ほんとうに綺麗な流星群 お願い事いくつしますか?

backdrop-17047_1280

2013年は観測に好条件

稀にみる最高の条件がそろっている2013年のペルセウス流星群

なぜなら、月が夜半前に沈んで、流星群がピークに活動する真夜中から明け方まで

実は真っ暗なのです

 

これがここ数年にない最高の条件と言われているのです

月明かりで暗い流れ星は、明かりに埋もれてしまうので見えないのが普通です

夜の冷え込みは、厳しくないので観測しやすい今回

でも夜中は夜露に濡れることもあるので、防水性で長袖な上着を一枚持参するのがグッドです

top-29759

 

あとは晴れるのを祈るばかり

star-clusters-11643_1920

できるなら、明るい町並みで見上げるより

電気明かりの少ない町から観測するのもいいのでは?

 

同じ条件で探すなら、2021年まで待つしかないようです

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す