ハローワーク 職業訓練と給付金について


ハローワークとは

日本経済新聞によると、ハローワークの一日の利用者は、

17万人と言われています

 

職を失った人、若者や女性、高齢者、障害者など多様な求職者が

希望の職につけるよう手助けしてくれる機関です

 

スポンサード リンク


職業訓練とは

雇用保険がない失業者に対して、職業訓練を通じて早期に

就職の支援を行う「求職者支援制度」のことです

 

失業期間が長期間に渡る人

短期労働を繰り返したりで雇用保険を受給できない求職者に対して

  • 医療
  • 介護
  • IT

など成長分野で職業訓練を受講する機会を提供するものです

職業訓練受講給付金

一定期間要件を満たした場合、給付金が支給され

ハローワークが早期の就職支援をするのです

 

職業訓練給付をうけるには、厚生労働省の指定を受けているかどうかがポイント

 

厚生労働省のホームページで、

対象となる方の条件の記載があるので確認することをおすすめします

computer_businessman

厚生労働省のホームページでも

対象となる方の条件の記載があるので確認してみてください。

 

 

受講資格とは?

  • ハローワークの登録していること
  • 雇用保険受給者でないこと
  • 働く意思と能力があること

これらの条件を満たしていることが必要です

 

給付金の支給要件が厳しくなったとの声

一定条件を満たせば月額10万円の給付金が支給されます

支給条件とは

  • 本人の年収見込 200万円→ 月額 8万円以下
  • 世帯全体の金融資産 800万円以下→300万円以下
  • 現在住んでいるところ意外に土地・建物を所有していない
  • 職業訓練期間、8割以上出席すること
  • 同時期、同世帯に給付金を受給して訓練を受けている方がいないこと

 

給付金をめぐってのトラブル事例あれこれ

 

給付金対象者ではなかったのに、講習を申し込み受講してしまった

事前に給付金制度の対象者であるのかどうか、

直接ハローワークに出向いて確認する必要があります。

(個人情報などで、直接出向かないと電話では教えてくれないようです)

 

過去に給付金制度を利用したことがある場合

 

前回支給を受けてから

6年以上経過しなければ受講できません。

 

講習後、ハローワークに手続きに行くのを忘れて受給できなくなった

約束事として、講習修了から一ヶ月以内にハローワークへ書類手続き必要です。

遅れてしまった場合、基本的にどうにもなりません。

 

給付対象と思って受講した講習が対象外

終了時に気づいても遅いです。

学校によっては、給付対象講習へのコース変更を受け付けるケースもあります。

 

まとめ

資格も取れて、給付金も貰えて、就職も出来る制度です。

上手に活用したいものです。

 

関連記事もご覧ください

雇用保険とは? 

以外と知られていない職業訓練校で学べること一挙公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す