インフルエンザA型 症状と予防方法とは?



インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

mask_man

普通の風邪と違って急激に発症します。

しかも症状は重いのが特徴です。

 

日本では12月〜3月に流行します。

温度が低く、乾燥した冬はウイルスが長生きできるからなのです。

baikin_genki

流行りやすい原因として…

乾燥した冷たい空気で喉や鼻の粘膜が弱っている。

これ、年末年始の人の移動で全国的に広がる要因です。

 

インフルエンザに感染するとどうなるの?

潜伏期間は、1〜5日。

その後38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。

インフルエンザは、この全身症状が特徴でもあります。

 

普通ですと、その症状が3〜7日間続いた後、快方にむかいます。

気管支炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあるので注意が必要です。

20130320182707_514980eb6ac4f

インフルエンザは強力な感染力があります。

一旦、流行ると年齢性別を問わず短期間に一気に広がります。

 

インフルエンザの特徴とは?

  • 潜伏期間:1〜3日
  • 感染経路:飛沫感染が多い
  • 発症:38℃以上の高熱がでる
  • 症状:全身症状(悪寒・頭痛・関節痛など)、胃腸症状(腹痛・下痢など)
  • 療養期間:一週間程度です

(飛沫とは?)くしゃみや咳、唾液や鼻水が飛び散ることです。

 

インフルエンザA型とは?

人に感染するインフルエンザウイルスは、A型・B型・C型の3つに大きく分類されます。

毎年、変異株が出現します。

 

A型:ウイルスが変異しやすく沢山存在します。 毎年少しづつ変化しているタイプです。

B型:ウイルスは変異しにくく、タイプはいつも同じです。そのためワクチンによる予防が可能です。症状はA型より軽く、限られた地域で流行るケースがみられます。

C型:大きな流行もなくワクチンも対象外です。鼻風邪程度で軽症がおおいです。

 

インフルエンザA型は、渡り鳥などによって地球規模で運ばれパンデミックになる可能性があります。

birds-173695_640

A型は症状が重篤になる傾向があり、死に至ることもあります。

どの型が流行るのかは、地球規模の動向を解析しなければ予測できないようです。

 

スポンサード リンク


対処方法とは?

 一般的な対処法
  • 栄養と十分な睡眠を取って、安静にする。
  • 感染を抑えるために、加湿器などで室内の湿度を保つ(50〜60%)
  • 水分を十分に摂取する。

 

対処療法

発熱や関節痛には解熱鎮痛薬

鼻水やくしゃみには抗ヒスタミン剤などが用いられます。

ただ、インフルエンザに対してはウイルスに対して

免疫が清浄に働いていますので、無理に薬で抑えず

医師の指示に従うことをお勧めします。

 

インフルエンザの予防には?

インフルエンザ予防に効果があるのが

ワクチン接種です。

流行りだす11月頃からの接種がおすすめ。

job_doctor

13歳未満:原則2〜4週間の間隔を置いて、二回接種

13〜64歳:一回〜二回かは医師と相談してきめます。

65歳以上:過去にインフルエンザにかかったことがある人なら一回の予防接種で十分です。

 

効果が現れるのは、約二週間後から

その後、約五ヶ月持続するといわれています。

 

費用:自己負担で一回 約3000〜5000円程度。

drugs-21987_1920

詳しくはお近くの保健所または医療機関にお問い合わせください。

 

まとめ

外出後や食事前、トイレの後などこまめに手を洗うことが大切です。

インフルエンザが流行している期間は、あまり人ごみへ行かないようにした方がいいですね。

 

またインフルエンザにかかっているのに、人ごみに出かけたりしませんように。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す