アルツハイマー型認知症の症状と段階は?


日本のアルツハイマー型認知症の患者さん、なんと推定100万人!
脳血管性認知症の患者さんの2.5倍多いともいわれています。
dependent-100344_640
認知症は、65歳以上の人
10人に一人は発症するといわれるほど
高齢者に多い病気です。

スポンサード リンク



ですが、映画「明日の記憶」などでも話題になったように
最近では、18〜64歳の若年の認知症も増えているといわれています。
年齢に関係なく発症する病です。

【送料無料】明日の記憶 [ 渡辺謙 ]

【送料無料】明日の記憶 [ 渡辺謙 ]
価格:3,434円(税込、送料込)

初期症状を見逃さない!

アルツハイマー型認知症は、初期症状の段階で気づき

早期治療することで、病気の進行を抑えることができます。

 

初期症状は家族でも気づきにくいくらい、日常によくある症状です。

  • 人や物の名前が出てこない
  • 日にちや時間が分からなくなる
  • 少しのことで起こりっぽくなる
  • 同じことを何度も言ったり、聞いたりする
  • 物をどこに置いたのか思い出せない
  • 薬が管理できなくなる
  • 水道、ガスの閉め忘れが多くなる
  • 簡単な計算を間違う
  • お金や財布が盗まれたと騒ぐ

初期症状の段階で、アルツハイマーへに移行を止めるために

早期発見、早期治療は不可欠です。

 

それにアルツハイマーは初期段階で気づけば

軽度認知障害の場合、治る可能性もあるようです。

 

アルツハイマー型認知症の症状の段階

前駆症状
  • 作業の質と量が変化する
  • 頑固、自己中心的になった
  • 睡眠障害がでる
  • 不安・めまい・抑うつ症状が出る
  • 不穏、幻視妄想を認めることが多い
第一期に出る症状
  • ものごとを忘れる
  • 道に迷う
  • 徘徊を繰り返すようになる
第二期に出る症状
  • 高度の知的障害、失語、失行、失認
  • 筋固縮・・・パーキンソン病と間違われることもある
第三期に出る症状
  • しばしば痙攣、失禁が認められる
  • 拒食・過食、反復運動、錯語、がみられる

 

アルツハイマー型認知症になりやすい人とは?

  • 高血圧、糖尿病、資質異常症などの生活習慣病を持っている
  • 高インシュリン血症の人
  • 高齢者 特に女性に多い
  • 高学歴の人(発症すると進行が早い)
  • 一時簡以上昼寝する人
  • 偏食の人(肉好きで、魚嫌いとか)
  • 喫煙する人
  • 運動不足な人
  • 女性の肥満
  • 高脂肪食を過剰摂取する人
  • 水分摂取が少ない人
  • ストレスがある人
  • 悲観的思考な人
  • 女性ホルモンの一種、「エストロゲン」を長期服用している人
  • 社交性に欠ける人
  • 歩幅が狭い人

old-63622_640

アルツハイマーの予防方法ってあるの?

  • 暗算で計算したり、食事をつくったりと頭を使う
  • 有酸素運動 散歩、体操、水泳など 有酸素運動がよいのであって、ストレッチでは効果がないといわれています
  • カロリー控えめで腹八分 食べ過ぎない
  • 緑黄色野菜、果物中心の食生活
  • ストレス発散する生活
  • 闘病病、高血圧の人は血糖値・血圧をコントロールする
  • 水分を十分に摂取

まとめ

高齢者の四人に一人が発症しているといわれている

アルツハイマー型認知症。

発症してしまうと、今のところ完治できないといわれています。

まずは、しっかり予防することが大切です。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す