アルツハイマーと認知症の違いは?


認知症もアルツハイマーもどちらも忘れる病気だと思うのですが、
何が違うのでしょうか?
a0001_014065
「認知症」という大きなくくりの中に

アルツハイマー病があります。

風邪というくくりの中に

インフルエンザがある・・・といった感じでしょうか。

 

スポンサード リンク


認知症を大まかに分けると

アルツハイマー病と脳血管性認知症に分けられます。

body_nou
アルツハイマー病と脳血管性認知症は、

どちらとも痴呆の症状を示しますが、

痴呆を起こす原因が異なります。

 

 

したがって、痴呆の進行状況がこの2つの病気では異なるのです。

 

 

認知症とは

  • 記憶障害や判断力の低下
  • 状況の把握ができなくなる

などの症状のことです。

constant-63613_640

その原因となる病気として、

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体病
  • ピック病

などがあります。

アルツハイマー型認知症とは

脳の組織が崩れるように失われていくことによって

引き起こされる進行形の疾患です。

 

認知症の中で一番多いのが、アルツハイマー病。

全体の5割を占めます。

  • 70歳前後に発症しやすい
  • どちらかというと女性に多い
  • 穏やかに発症します
  • 症状はゆっくり進みます
  • 物忘れを自覚できない
  • 症状が進むと、妄想・徘徊・錯乱などがみられます。

アルツハイマー型認知症の症状と段階は?もご参考になってくださいね

 

側頭葉内側部の記憶の中枢である海馬の障害から始まります。

 

初期時に、最近の記憶が思い出せない

新しい頃が覚えられないなどの症状が見られます。

 

次第に、日付や場所

周囲の人物などもわからなくなり、

  • 失語(言語能力の喪失)
  • 失行(運動能力の喪失)
  • 失認(物や人を認識する能力の喪失)

などの高次脳機能障害がみられるようになります。

 

 

これらの、記憶障害や高次脳機能障害などの認知機能障害は

環境や体調、本人に性格などの因子が重なって

行動障害(幻覚・暴言・暴力など)は本人や家族も含めて

介護者の負担を増大させる点から、適切な対応が求められています。

alzheimers-63610_640

 

脳血管認知症とは

全体の2割を占めます。

  • 50歳くらいから発症し始めることがあります
  • どちらかというと男性に多いです
  • 急激に発症し、症状は不均一な状態で進行します
  • 初期は、めまいや手のしびれが現れます
  • まだらボケといわれる状態になります
  • 祖油状が進むと、せん妄や被害妄想がみられます
  • 初期症状でもある物忘れは自覚しています
  • 人格は保たれやすいようです
  • 脳梗巣など画像診断するとわかります

 

脳梗塞や脳出血から起こる認知症です。

脳血管障害にかかった経験があったり

高血圧・糖尿病・心疾患など脳血管障害の危険因子を持っていることが

多いことが特徴です。

 

早期からみられる症状として、

  • 歩行障害
  • 手足の麻痺、
  • ろれつが回りにくい
  • パーキンソン症状、
  • 排尿障害(頻尿や失禁)
  • 抑うつ、
  • 感情失禁(感情をコントロールできない)
  • 夜間せん妄(夜になると意識レベルが低下して別人みたいな行動を摂ること)

などがみられます。

 

レビー小体認知症とは

全体の2割を占めます

  • 70歳前後ですが、若年層にもみられます
  • 比較的男性に多い
  • 発症すると、不均一な状態で進行します
  • 初期症状として、幻覚・幻視・妄想が出てくるのが特徴です
  • 体が固くなって動作が遅くなります
  • 手が震えるなど、パーキンソン病の症状が見られます
  • 初期症状時期には、物忘れは自覚しています
  • 人格は保たれやすいです
  • アルツハイマーに比べて、脳の萎縮は少ない

kenkoushindan_mri

レビー小体認知症とは、1970年代に日本で初めて発表された認知症です。

認知機能障害の変動が激しく、生々しい幻視を伴うこと

パーキンソン症状を認めることが特徴とされています。

体が硬くなっていくことから、転倒しやすく

一過性の意識消失発作、自律神経障害、睡眠行動の以上などもあり

ケアするときは注意が必要です。

「パーキンソン病」と「認知症を伴うパーキンソン病」

そしてレビー小体型認知症は、一連の疾患として認識されています。

 

ピック病とは

原因不明の大脳萎縮性疾患です。

現在、日本に約1万人以上のピック患者がいると推定されています。

brain-43490_640

 

人格障害の強さは

ピック病>アルツハイマー病>脳血管性認知症です。

  • 人格障害
  • 情緒障害

などの初期症状がみられます

 

初期には、アルツハイマー病でみられるような

記憶障害や

見当障害(自分が現在おかれている環境を理解する能力)はみられません。

  • 粗暴
  • 過食
  • 異色
  • 窃盗
  • 徘徊
  • 他人の家に勝手にあがる

など、人格変化や感情の荒廃が酷くなっていきます。

知識やプライドはそのままで、

人格や性格だけ変化するので怖さを感じます。

 

家族からみて「人が変わった」と思うほどであれば要注意です。

重要なのは、うつ病や、アルツハイマー病と誤診されると

薬や治療方法が異なるので、悪化させることにもなりかねません。

 

また、ピック病に理解のない世間や、医師の誤診による

患者やその家族の精神的苦痛は大変なものです。

 

例えば、万引きで捕まったことがキッカケで

ピック病が見つかったというケースも珍しくありません。

会社や世間がピック病が引き起こす、そういった行動をまだ理解できる状態に

ないのが現状です。

 

ピック病は2〜15年(平均6年)で、ほとんどの患者さんは

10年以内に衰弱して亡くなることが多く

アルツハイマー病よりも短いです。

 

まとめ

このように、アルツハイマーと認知症は同義語として語られることも

多いのですが、多少意味合いが違うのは、上記の通りです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す