アミノ酸シャンプーの成分とは!



アミノ酸シャンプーが、髪を美しく健康にするのはホント

 

最近は、アミノ酸といって表記のあるシャンプーが増えています。

髪の毛に良さそう!というイメージが多いですが、果たして?

 

シャンプーの本来の役割とは

シャンプーの役割は、地肌を洗うことです。

髪の毛の保護や質感を高めるものではないということ。

意外と知られていないようです。

 

シャンプーは髪を洗うもの、コンディショナーは地肌を洗うものと

思われている方も多いです。

 

コンディショナーの役割は、髪の質感を高めて、保護するものです。

地肌につけては、いけないんですねえ。

※地肌につけると、毛穴を詰まらせてしまうのです。

 

一般の市販のシャンプーとの違いは?

主に流通している市販シャンプーは

高級アルコール系と呼ばれる石油由来の洗浄成分を使用しています。

  • 非常に洗浄力が強く
  • 安価

大多数の製品はこの種類のものが多いのです。

 

洗浄成分ですが、地肌に必要な潤いもろとも洗い流してしまうので

ばさばさに乾燥したり、かゆみが出たり。

ひどい時は、炎症などを引き起こす原因にもなっています。

furo_shampoo_rinse

アミノ酸シャンプーとは

地肌の洗浄成分として配合されているものです。

美しく健康的な肌を維持するために必要なアミノ酸。

 

 

髪の毛にも深い関係があったのです。

髪の毛の大部分は、タンパク質出てきています。

その中でも最も多いのがケラチンという成分。

これ、主成分がアミノ酸なのです。

 

シャンプーの種類は3つに分類されます

  • 安くて洗浄力の高い合成シャンプー
  • アルカリ性で洗い上げる石鹸シャンプー
  • アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、髪を傷めることなく

弱酸性で優しく髪と地肌を洗い上げてくれます。

 

 

保湿性も高く、体に優しいシャンプーですので

美容院で使われているシャンプーが主にアミノ酸シャンプーが使われています。

 

 

 

アミノ酸シャンプーが改善してくれること

  • 低刺激で肌に優しい
  • 敏感肌でも安心して使える

頭皮や髪の症状を改善もできるので

  • 抜け毛が多い
  • 頭皮が痒い
  • フケが多い
  • 頭皮が臭う
  • 髪の毛が弱っている

これらの症状をアミノ酸シャンプーを使って

改善しようと思っている方もおおいです。

アミノ酸シャンプーを使うコツは、丁寧に時間をかけてあらうことです。

cafe_money.ai2_49

 

なぜアミノ酸シャンプーが注目されるの?

アミノ酸効果で、使っているあいだに頭皮が元気になります。

頭皮が元気になると、頭皮のダメージによるかゆみやフケが改善できるのです。

また、ツヤが出て、ハリも戻ってきます。

 

 

アミノ酸シャンプーの特徴は
  • 刺激が少ない
  • 石鹸カスが出ない
  • 泡がきめ細かい(泡立ちが少ないのは、頭皮への刺激を少なくするため)
  • 頭皮を洗い流すことが少ない

など利点がたくさんあります。

 

大切なのは、きちんとしたアミノ酸シャンプーを選ぶことです。☆彡

アミノ酸シャンプーは、汚れを落とす十分な洗浄力があり

余分な皮脂だけを落とすこと

刺激が少なく、頭皮にも優しいのです。

 

アミノ酸の洗浄成分はこの3つ!

  • メチルアラニン系
  • ココイル系
  • ベタイン系

アミノ酸シャンプーは、肌に優しいシャンプーです。

肌に優しすぎて、洗浄効果がイマイチでは

頭皮の汚れはとれないもの。

 

それぞれの組み合わせがものをいうのです。

 

メチルアラニン系とは

肌に優しいのに、洗浄力効果も高いのが

メチルアラニン系。

メチルアラニン系の

「ラウロイルメチルアラニンNa」と言われています。

 

ココイル系とは

成分の頭の名前に、ココイルと付いている成分です。

アミノ酸成分なので、頭皮にやさしいのですが

洗浄効果が弱く、洗った気にならない!といわれるのも

そのせいなのです。

ベタイン系とは

成分の頭の名前にベタインと付いている成分の事です。

ココイル系同様、頭皮にやさしいのですが、洗浄効果も低いのです。

 

ココイル系は、さっぱりした洗い上がりなのに対して

ベタイン系はしっとりしている成分です。

 

ですので、洗い上がり感、気泡性は配合によりけりというわけです。

  • メチルアラニン+ココイル系
  • メチルアラニン+ベタイン系
  • メチルアラニン+ココイル系・ベタイン系

これらの組みわせが、肌に優しく洗浄効果も高いアミノ酸洗浄成分です。

 

逆に肌には優しいけれど、洗浄効果が高くない組み合わせ

  • ココイル系のみ
  • ベタイン系のみ
  • ココイル系+ベタイン系

アミノ酸シャンプーの洗浄成分を見るときは

洗浄効果に注意してみるのがいいでしょう。・

 

アミノ酸シャンプーの中にも、悪質なものもあるようです

高級アルコールを使っていながら、

アミノ酸シャンプーを謳っているものもあるので

購入前にきちんと調べることが大切です。

 

 アミノ酸シャンプーに含まれる成分とはこれだ!
  • ココイルグルタミン酸
  • ヤシ油脂肪酸
  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • グリシン
  • メチルアラニン
  • サルコシン

以上が代表的な成分です。

アミノ酸シャンプーと謳っていながら、これらの成分が

記載事項の後半にちょこっと載っていたり

違うものが書かれていたりすることもあるので注意必要です。


アミノ酸シャンプーは、本来頭皮に優しく、刺激を与えないものですのです。

  • 頭皮が弱い人
  • 薄毛に悩んでいる人
  • 抜け毛が気になる人

に、人気のあるシャンプーですので、

自分に合っているのかも考慮してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す