お盆の迎え火と送り火 


迎え火とは

迎え火(むかえび)とは、

客人や神霊をむかえるために焚く火のことです

 

家の玄関などで素焼きのほうろくに

オガラといわれる皮を剥いだ麻の茎を折って積み重ねます

 

火を着けて燃やします

その場で合掌

 

これが迎え火と言って、オガラを燃やした煙に乗ってご先祖様や

精霊が家に戻ってくるのを迎えるのです

 

お盆の時の先祖の霊を

迎え入れるためにたく野火のことをいいます

 

迎え火はいつするの

1日から7日にやる地方もありますが

一般的には、7月13日または8月13日の夕刻に行います

 

年中行事として定着したのは江戸時代と言われています

迎え火の変形として「盆提灯」があります

 

ご先祖様が滞在しているしるしと言われています

竿燈や五山送り火のように進化したり

送り火に変化したりしたものもあります

 

精霊馬(しょうりょううま)

きゅうりとナスに割り箸をさしたものみたことありませんか?

obon-4

馬と牛に見立てたものです

きゅうりは馬の例え

お盆の時に少しでも早く迎えられるようにとの願いを

 

ナスは牛の例え

お盆が終わって帰るときはすこしでもゆっくりと

 

そんな願いがこめられています

 

お盆とは

日本古来からのご先祖様を迎え入れる儀礼です

それが現在のお盆行事担ったと言われています

 

お盆はいつ?

お盆の時期は地方によって異なります

・7月13日から4日間
・8月13日から4日間

 

迎え火と送り火

盆の入り 13日に迎え火で霊を家に迎え入れます

 

迎え火としてオガラと門口で焚きます

 

14~15日 盆提灯に火を灯します

お盆期間中は家族でお墓参りしたいものです

新盆には僧侶を呼んでの法要は、14日 あるいは15日に行われています

 

実際火を焚くことができない家庭では、盆提灯で明かりを灯すことで

迎え火・送り火とすることもあります

 この期間は、お灯明を絶やさないようにします

BONTYOUTIN

 16日 送り火で祖先をあの世に見送ります

 

京都の夜、五山送り火で大文字は有名です

お盆の送り火の代表的なものですね

DAIMONJI

実際火を焚くことができない家庭では、

盆提灯で明かりを灯すことで

迎え火・送り火とすることもあります

 

まとめ

お盆は家族揃って、祖先の霊を迎え入れることを伝承していきたいものですね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す