いびき対策と防止



寝ている時のいびき、自分では気づかないもの

一緒にいる人の睡眠妨害にもなります

baby-22194_1920

 
いびきとは、狭くなった上気道が呼吸するときに擦れて出す音です

本人も眠りが浅くなるので、早めの治療が必要になってきます

 

いびきも一定以上になると、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる状態になります

睡眠時無呼吸症候群とは、軟口蓋が起動を塞ぐために、呼吸が途切れること

熟睡ができなくなり、昼間も眠くなったりと支障がでてきます

 

自身もしんどいばかりか、家族にも迷惑をかける原因となります

また、恥ずかしいことから、旅行にも行けず、離婚の原因にもなることもあるそうです

suimin_man (1)

いびきはなぜ起こるのか?

 

  • のどちんこが大きい場合、呼吸の障害となっている
  • 扁桃腺が腫れるなどして、呼吸の障害担っている場合
  • 舌が大き場合も原因になります
  • 肥満が原因で喉が狭くなるためにいびきを書きやすくなる
  • 花粉症、アレルギー性鼻炎など、鼻づまりを起こす病気が原因

 

 

いびきへの注意するべき点とは

上記が原因で、意識レベルが低下しているときは

舌根が咽頭を塞ぎ舌根沈下が起きやすい

舌根沈下は意識障害の一つです

 

 

いびきの治療方法とは

いびき対策グッズなどが市販されています

鼻にクリップを止めるタイプや、センサータイプなどがあります
いびきがうるさくて、体を揺するといびきが止まるのは

呼吸がしやすい体勢になるからなのです

 

  • 枕の高さを変えてみる
  • アルコールを避けてみる
  • 仰向けに寝ると舌根が喉の方に沈下するので、横向きで寝る

 

 

いびき手術はどんなことをするの?

のどちんこが肥大している場合や、生まれつき上気道が狭い場合

外科的手術 耳鼻咽喉科的手術をしなければ、

睡眠時無呼吸症候群を根本から直せないこともあります

 

 

咽頭(のど)を広くする手術

  • レーザー手術(入院の必要がなく患者さんの負担が軽減される)
  • 下あごを前に引き出す手術
  • 気管切開などもあります

 

これは手術により、どれくらい効果が期待できるのか

あるいは、手術費用などどれくらいかかるか事前にチェックすることが大切です

 

 

保険適用ができるのか

睡眠時無呼吸症候群の手術は、基本的に社会保険適用だそうですが

病院によっては自由診療の場合もあります

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す